理研,研究者に「理研栄峰賞」「理研梅峰賞」を授与

理化学研究所(理研)では,優れた研究開発業績を挙げた研究者に対し,理研栄峰賞(りけんえいほうしょう)ならびに理研梅峰賞(りけんばいほうしょう)を授与したと発表した(ニュースリリース)。

このうち理研栄峰賞は,「著名若しくは重要な賞の受賞に値する又はその受賞に繋がることが大いに期待される研究開発業績」又は「社会に強い影響を与えた研究開発業績」を挙げた者に対し,理事長が授与する賞。

理研梅峰賞は,「学会等において高い評価が期待される独創的な研究開発業績」又は「研究所内外への優れた貢献が認められる研究支援業績」を挙げた者に対し,理事長が授与する賞。今回,光学関連で受賞した研究者と研究内容は以下の通り。

【理研栄峰賞】
平山秀樹氏(開拓研究本部)「世界最高効率、深紫外LEDの実現」
【理研梅峰賞受賞】
今田裕氏(開拓研究本部)「新原理に基づく単一分子発光・吸収分光法の開発と応用」
福田憲二郎氏(開拓研究本部)「洗濯可能な超薄型有機太陽電池」

その他関連ニュース

  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日
  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日