半導体前工程ファブ装置への投資額,3年連続で更新

SEMIは6月12日(米国時間),半導体産業の前工程ファブ装置への投資額が,3年連続で更新される見込みが高まり,2018年は前年比14%増,2019年は同9%増となると発表した(ニュースリリース)。

この予測は,SEMIが発行した最新のレポートに基づくもので,2019年には歴史的な4年連続成長を記録することになる。SEMIが調査している範囲では,過去に4年以上の連続成長が見られたのは,1993年~1997年の5年連続成長だけであり,今回はこれに次ぐもの。Samsungが世界のファブ装置投資の首位に立つとともに,拡大する中国は他地域を成長率で上回っており,韓国と中国が成長をけん引することになるという。

Samsungは2018年にファブ装置投資を減額することを予測するが,依然として,韓国の全ファブ装置投資額の70%を占めるとする。他方,SK Hynixは今年の投資を増額している。

中国のファブ装置投資は2018年に65%,2019年に57%増額することが予測されるという。中国の投資額の内,2018年は58%,2019年は56%がIntel,SK Hynix,TSMC,Samsung,GLOBALFOUNDRIESなどの外資系企業によるもの。巨額の政府支援を受けた中国企業は,現在,相当数の新しいファブを建設中であり,2018年から装置の搬入が始まることになるという。各社のファブ装置投資額は,2018年,2019年にそれぞれ倍増することを予測する。

その他の地域もファブ装置への投資を増額している。日本の投資は,2018年に60%増額する。特に増額が大きいのは,東芝,ソニー,ルネサスエレクトロニクス,Micronの各社。

ヨーロッパおよび中東地域は,Intel,GLOBALFOUNDRIES,Infineon,STMicroelectronicsなどの増額により,2018年のファブ装置投資額が12%伸びるとしている。

東南アジアも,2018年にファブ装置投資額が30%増加するが,他地域と比較すると同地域の投資は少額。主な投資企業は,Micron,Infineon,GLOBALFOUNDRIESだが,そのほかにOSRAMやamsも投資を増額しているという。

その他関連ニュース

  • 200mmファブの世界生産,2022年までに70万枚増加 2019年02月13日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日
  • 東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工 2018年12月21日
  • 浜ホト,新棟建設で電子管事業の研究開発を強化 2018年12月12日
  • 半導体製造装置市場,2019年に縮小も2020年は過去最高に 2018年12月12日
  • 東海光学,真福寺事業所を拡大 2018年12月06日
  • SEMI,Q3/2018の半導体製造装置出荷額は158億ドルと発表 2018年12月05日
  • 出光興産,中国に有機EL材料工場を建設 2018年12月05日