シャープ,業界最高の光出力の緑色半導体レーザーを発売

シャープは,業界最高の光出力130mWを実現した緑色半導体レーザー2モデル「GH0521DA2G/GH0521DA5G」の量産を,10月より開始すると発表した(ニュースリリース)。サンプル価格は10,800円。

半導体レーザーは,ヘッド・アップ・ディスプレー(HUD)やヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)など,レーザディスプレーの光源として活用の幅が拡がっている。

開発した緑色レーザーは,同社従来モデルの約4.3倍にあたる,業界最高の光出力130mWを実現した。光の三原色である赤色・緑色・青色のうち,緑色は,同じ光出力でも他の色より明るく感じるという人の視感度特性があることから,レーザディスプレーの高輝度化に大きく貢献できるとしている。また,光の波長を520nmに長波長化した。これにより,色再現性が向上し,より色鮮やかな映像の表示が可能となるという。

各モデルは,標準的な直径5.6mmと,小型化ニーズに対応する直径3.8mmとなっている。

その他関連ニュース

  • フォトテクニカ,Grace Laser製ピコ秒レーザーの取扱いを開始 2019年01月21日
  • 量研ら,レーザーで高品質の陽子線を発生 2019年01月10日
  • 三菱電機,赤色高出力半導体レーザーを発売 2018年12月19日
  • NEDO,高輝度・高効率次世代レーザー技術開発の委託先決定
    NEDO,高輝度・高効率次世代レーザー技術開発の委託先決定 2018年12月19日
  • LCS2018,岡崎コンファレンスセンターで開催 2018年12月12日
  • ノヴァンタ・ジャパン,シンラッド社製品営業を本格化 2018年12月10日
  • JDI,高精細VRヘッドマウントディスプレーを発売 2018年11月28日
  • 阪大レーザー研発,パワーレーザーが拓く産業応用へ 2018年11月14日