阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞

大阪大学マテリアル生産科学専攻講師の舘林潤氏は,「第42回 レーザー学会 奨励賞」を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,レーザー学会の研究誌「レーザー研究」に掲載された論文又は「レーザー学会」で発表された講演の中から,きわめて示唆的かつ独創的で,将来性のある研究を行なった者に年1回授与されるもの。

舘林氏は「ナノワイヤ量子ドットレーザーの室温動作」に関する研究が評価され,本賞の受賞となった。なお,授賞式は,第46回定時社員総会関連行事として平成30年5月31日に執り行なわれた。

その他関連ニュース

  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日
  • 理研,研究者に「理研栄峰賞」「理研梅峰賞」を授与 2018年06月08日
  • 電通大の戸倉川氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月04日