浜ホト,光半導体モジュール生産新棟を建設

浜松ホトニクスは,光半導体モジュール製品の売上拡大に対応するため,本社工場に新たに新棟を建設する(ニュースリリース)。

同社は,医療,科学計測,自動車などのさまざまな分野に光半導体素子,および光半導体素子に回路や光学部品,ソフトウェアなどを組み合わせた光半導体モジュール製品を供給している。

近年,顧客が容易に自社製品へ組み込むことができる光半導体モジュール製品への要求が高まっており,医療機器向けのMPPC®(Multi-Pixel Photon Counter)モジュールをはじめ,産業機器向けのミニ分光器やオプティクスモジュール,自動車向けの光半導体モジュール製品などの売上拡大が見込まれているという。

新棟では,本社工場内に分散していた光半導体モジュール製品の開発部署を集約するとともに生産スペースを集約し拡張することで,光半導体モジュール製品の開発の迅速化と生産能力の拡充を図る。

また,製品倉庫および出荷機能を新棟に移転し,受注,調達,倉庫,出荷までの物流機能を本社工場に集約することで,業務の効率化,情報の共有化を図り顧客対応の迅速化を進める。

さらに,新棟への部署集約により発生した既存棟の空きスペースは,イメージセンサなどの光半導体素子の生産工程として利用することで,生産能力の増強を図る。

新棟は,事業継続計画に基づく地震対策や防水扉などの水害対策を取り入れることで災害対策を強化するとともに,LED照明や断熱構造および太陽光パネルの設置などの環境対策も取り入れた設計となっている。新棟の総工費は約28億円,生産能力は約100億円(売上高換算)としている。地鎮祭は6月26日に執り行ない,2019年7月に竣工の予定。

その他関連ニュース

  • 京セラ,OPC感光体ドラムの中国新工場が竣工 2018年08月21日
  • トクヤマ,フォトレジスト用現像液を増産へ 2018年08月07日
  • DNP,光学フィルム用広幅コーティング装置を導入 2018年07月04日
  • 半導体前工程ファブ装置への投資額,3年連続で更新 2018年06月13日
  • SCREEN,ディスプレー製造装置工場を新たに建設 2018年05月23日
  • 古河電工,モロッコに光ファイバケーブル工場を新設 2018年05月16日
  • 日板,太陽電池向けガラスを増産へ 2018年05月15日
  • 出光,中国に有機EL材料工場を建設 2018年04月16日