AGC,ESO望遠鏡の分割鏡コーティング設備を供給

AGCグループは,European Southern Observatory(ヨーロッパ南天天文台,ESO)と同天文台の建設する世界最大光学望遠鏡,欧州超大型望遠鏡の分割鏡コーティング設備の供給契約を締結した(ニュースリリース)。

GCグループの中核企業であるAGCガラス・ヨーロッパ社は,欧州超大型望遠鏡の分割鏡の製造に使用されるマグネトロン・スパッタリング・コーティング設備の供給契約をESOと締結した。ESOが建設する欧州超大型望遠鏡は,アタカマ砂漠(チリ)に設置される。

欧州超大型望遠鏡は798枚の分割鏡から構成される口径39mの巨大な分割主鏡を備え,宇宙から光を集め,新たな銀河の発見や系外惑星の研究,遠い宇宙のその他の天体や現象の調査を可能にする。

AGCガラス・ヨーロッパ社の提供する設備は,分割鏡の銀層に2層のコーティングを行ない,砂嵐などの厳しい気象から分割鏡の銀層を保護する。同社は,チリのパラナル天文台にある欧州超大型望遠鏡の技術施設で,マグネトロン・スパッタリング・コーティング設備の設計,製造,組立,委託業務を行なうという。

その他関連ニュース

  • 神大ら,エマルション望遠鏡の気球実験に成功 2018年07月18日
  • 千葉大ら,ニュートリノ放射源天体を同定 2018年07月13日
  • 広島大ら,連星が高エネルギー粒子を撒き散らす様子を観測 2018年07月04日
  • 国立天文台ら,活動的小惑星の偏光を観測 2018年06月29日
  • 立教大,「はやぶさ2」搭載カメラ開発に協力 2018年06月28日
  • 広島大ら,ブラックホールからの硬X線放射の偏光観測に成功 2018年06月27日
  • 京産大,近赤領域での地球大気吸収を精密補正 2018年05月28日
  • 大産大ら,遠方銀河までの距離と酸素の存在を確認 2018年05月18日