JAI,プリズム分光式4Kラインスキャンカメラを発売

ジェイエイアイコーポレーション(JAI)は,3CMOSプリズム分光式カラーラインスキャンカメラの新製品「SW-4000T-MCL」を発表した(製品ページ)。

この製品は,入射光をRGB各波長帯へ正確に分光する高品位の光学プリズムアセンブリ上に,4K(4096画素)解像度を持つ専用設計のCMOSラインセンサを3枚搭載したハイエンドラインスキャンカメラ。

非補間24ビットRGB出力における最大ラインレート67.7kHz(67,700ライン/ 秒)を実現。従来の同等製品の4倍の速度で,市場のプリズム分光式とトライリニア式製品を含めても最速レベルとなっている。

画素サイズ7.5×7.5µmの3枚のCMOSセンサはそれぞれが各モードに対して隣接する2つのラインを持ち,水平,垂直,または水平垂直両方のビニングが可能。さらに,垂直時は一つのノードで2画素分の電荷を読み取る画素構造(ディフュージョンノード)を採用しているため,1画素分の読み取りノイズで2画素分の信号を取り出すことができる。

このカメラはRGB標準形式をsRGBやAdobe RGBだけでなく,HSIやCIE XYZへ変換することもできる。さらにこの機能はプログラマブルになっており,ユーザーが変換テーブルを定義して特定の目的に適した色空間変換をカスタムで設定することも可能。

他にも基本機能として,ゲインコントロール,黒レベル補正,マニュアル/自動ホワイトバランス調整,シェーディング補正,PRNU/DSNU補正,色収差補正を備えている。

インターフェースはGenICamとGen-CP対応のCamera Linkで,端子はMini Camera Linkを採用。出力フォーマットはRGB8とRGB10に対応し,Camera Linkコンフィギ ュレーションはBase/Medium/Full/Decaをサポートしている。

Camera Linkインタフェースに加え,ヒロセ電機製の12ピンコネクタと10ピンのAUXコネクタを備え,合計3本のTTL入力,Opto-Isolated入力1本,TTL出力4本を用意。レンズマウントはFマウントまたはM52マウントから選べる。

新着記事

  • 【訃報】宮崎大学名誉教授の黒澤宏氏死去 2019年04月22日
  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日