理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞

東京理科大学大学院生(理学研究科 化学専攻 博士後期課程1年)の吉野隼矢氏は7月6日,第37回光がかかわる触媒化学シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「フラックス法による金属硫化物光触媒微粒子の合成およびZスキーム型可視光水分解への展開」。シンポジウムにおけるポスター発表が,特に優れていると認められた。

その他関連ニュース

  • 筑波大ら,太陽光の効率的なアップコンバージョン過程を解明 2018年11月16日
  • 大川賞,東工大教授の小山二三夫氏らが受賞 2018年11月09日
  • ヘルツの防振台,神奈川工業技術開発大賞を受賞 2018年11月09日
  • 千葉大ら,燃料電池反応を活性化する電極反応場を発見 2018年11月07日
  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 広島大,500倍の光増強効果を酸化チタンで観測 2018年09月26日
  • NEDOら,可視光で水分解する窒化タンタル光触媒を開発 2018年09月05日
  • NEDOら,水素生成エネルギー変換効率12.5%を達成 2018年08月27日