理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞

東京理科大学大学院生(理学研究科 化学専攻 博士後期課程1年)の吉野隼矢氏は7月6日,第37回光がかかわる触媒化学シンポジウムにおいて優秀ポスター賞を受賞した(ニュースリリース)。

受賞題目は「フラックス法による金属硫化物光触媒微粒子の合成およびZスキーム型可視光水分解への展開」。シンポジウムにおけるポスター発表が,特に優れていると認められた。

その他関連ニュース

  • 九大ら,金属酸化物への電子ドープで光触媒活性が向上することを発見 2018年07月03日
  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日
  • 東工大ら,有機半導体材料と鉄錯体の光触媒でCO2を還元 2018年06月13日
  • 理研,研究者に「理研栄峰賞」「理研梅峰賞」を授与 2018年06月08日
  • 電通大の戸倉川氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月04日
  • 東工大ら,新たな可視光光触媒を開発 2018年05月28日
  • 分子研 岩山氏,EUV研究で原子衝突学会若手奨励賞を受賞 2018年05月22日
  • 理研,プラズモン共鳴による有害分子の分解を確認 2018年05月07日