KLA-Tencor,ウエハ検査装置2機種を発売

米KLA-Tencor Corporationは,半導体製造プロセスにおいて欠陥の検査を行なう2製品「VoyagerTM 1015」「Surfscan® SP7」を発表した(ニュースリリース)。これらの製品は,最先端のロジックおよびメモリにおけるシリコンウエハ,チップ製造時のツール,プロセスモニタリングの課題に対応する。

「VoyagerTM 1015」はパターン付きウエハを検査するための新機能を搭載しており,ウエハのリワークが可能なフォトレジスト現像直後のリソグラフィーセルの検査も可能となっている。「Surfscan® SP7」は,パターンなしベアウエハやスムーズ膜や粗い膜に対して,これまでにない欠陥検出感度を実現したという。

これらの能力は7nmロジックメモリおよび高度なメモリデバイスノード向けのシリコン基板の製造に不可欠であり,チップ製造においても最も初期の段階における工程上の問題の検出にとっても同様に重要となる。この2つの新しい検査システムはともに製造の初期段階における不良品工程を捕捉することで,新規電子デバイスの開発期間を加速することを念頭に開発されてたとする。

次世代チップのサイズはあまりにも小さく,ベアシリコンウエハやブランケットフィルムモニターウエハ上の歩留まりを低下させる,欠陥の最小サイズがさらに小さくなり,現行のツールモニタリングシステムの検出限界を下回っている。これらの製品は,パワー密度に対して高い制御機能を有しているため,現像後のデリケートなフォトレジスト材料のインライン検査が可能。高い処理能力により,プロセス上の問題を迅速に特定し,修正できるとしている。

その他関連ニュース

  • 半導体前工程装置市場,2019年に減少も2020年は過去最高へ 2019年03月14日
  • PSFSら,プラズマダイシング向けレジスト塗布法を開発 2019年03月13日
  • 200mmファブの世界生産,2022年までに70万枚増加 2019年02月13日
  • NEC,半導体チップの耐放射線性を宇宙で実験 2019年01月22日
  • 日立プラント,大気圧下の衛星光学系検査設備を開発 2019年01月11日
  • 産総研と東大,AIチップ開発拠点を設立 2018年12月28日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • 電子情報産業の世界生産額,過去最高を更新 2018年12月19日