コーニング,「Gorilla Glass」シリーズに新製品を追加

米コーニングインコーポレイティッドは,カバーガラスのポートフォリオである2つの新製品,「Gorilla® Glass DX」および「Gorilla® Glass DX+」の追加を発表した(ニュースリリース)。

新製品は「Gorilla® Glass 6」に続いて発売されるもの。新製品の組成は既存製品「Gorilla® Glass SR+」から発展しており,Gorilla Glass製品と組み合わせて用いることができるため、モバイルデバイスメーカーが抱える設計上の課題にも最善の対応ができるとする。現時点では主にウェアラブルデバイスへの導入が進められているが,より大型デバイスへの導入に向けた開発も行なわれているという。

同社の消費者を対象とした過去7年間の調査の結果,約半数がカバーガラスに求める機能として,可読性(readability)を挙げている。しかし,それと引き換えに耐擦傷性と耐久性が低下することは許されない。新製品はどちらも優れた可読性に加えてシリーズ最高の耐擦傷性・本質的なタフさを備えており,現代の最新モバイル向けディスプレーに最適な製品だとしている。

新製品はいずれも標準的なガラスと比べて表面反射率を75%向上させるとともに,同じ画面の明るさの条件下で,表示コントラスト比を50%アップさせ,ディスプレーの可読性を高めている。光学的透明性に関するこれらの改善は,バッテリーの長寿命化にも寄与する。

これら2つの製品は,耐擦傷性レベルが異なる。「Gorilla Glass DX」は,Gorilla Glassと同等レベルの優れた耐擦傷性と強化した光学性能を備える。一方,「Gorilla Glass DX+」は,他の高級カバーガラス材料に迫る最高クラスの耐擦傷性と更なる光学性能を備えているという。

その他関連ニュース

  • AGC,自動車用ガラスアンテナ開発を日米欧3極体制に 2019年03月20日
  • IHS,混沌を増すディスプレー市場について報告
    IHS,混沌を増すディスプレー市場について報告 2019年02月15日
  • オハラの低膨張ガラス,人工衛星のミラー材料に採用 2019年01月30日
  • ams,世界最小のスマホ向けToF統合モジュールを発売 2019年01月16日
  • AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用 2018年12月19日
  • 阪大,コロイド粒子の流動化が阻止される現象を発見 2018年12月10日
  • 工繊,低温ガラスの水滴凍結抑制を解明 2018年11月15日
  • ⽇板,太陽電池パネル⽤ガラスの⽶⼯場増設地を決定 2018年10月24日