電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞

電気通信大学教授の米田仁紀氏(レーザー新世代研究センター)が,レーザー技術総合研究所から泰山賞レーザー進歩賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,レーザー科学技術の研究開発とその産業応用に貢献した研究者を表彰するもので,レーザー進歩賞はバワーレーザーに関する科学技術とその応用分野で優れた業績をあげた個人またはグループに与えられるもの。

今回,同氏は,X線自由電子レーザー(XFEL)を用いた相互作用研究で,世界最短波長の原子準位レーザー発振などの高輝度X線レーザー科学研究を開拓したとして表彰された。

その他関連ニュース

  • 理研ら,軟X線FELを高効率でナノ領域に集光 2019年10月03日
  • 2019年度「C&C賞」に,安田靖彦氏と羽鳥光俊氏 2019年10月02日
  • 日立,光トポグラフィで山崎貞一賞を受賞 2019年09月27日
  • 阪大,卓上XFELの開発プロジェクト始動
    阪大,卓上XFELの開発プロジェクト始動 2019年09月20日
  • JASRIら,XFELで超高速の分子振動を高精度観測 2019年08月21日
  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日