電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞

電気通信大学教授の米田仁紀氏(レーザー新世代研究センター)が,レーザー技術総合研究所から泰山賞レーザー進歩賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,レーザー科学技術の研究開発とその産業応用に貢献した研究者を表彰するもので,レーザー進歩賞はバワーレーザーに関する科学技術とその応用分野で優れた業績をあげた個人またはグループに与えられるもの。

今回,同氏は,X線自由電子レーザー(XFEL)を用いた相互作用研究で,世界最短波長の原子準位レーザー発振などの高輝度X線レーザー科学研究を開拓したとして表彰された。

その他関連ニュース

  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • 理研ら,光速近くまで加速された電子ビームの時間幅を計測 2018年09月03日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞 2018年08月20日
  • 東北大ら,プラズマ誕生の瞬間をレーザーで観測 2018年08月06日
  • 理研,銅キューブ粒子の内部構造変化の可視化に成功 2018年08月01日