電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞

電気通信大学教授の米田仁紀氏(レーザー新世代研究センター)が,レーザー技術総合研究所から泰山賞レーザー進歩賞を受賞した(ニュースリリース)。

この賞は,レーザー科学技術の研究開発とその産業応用に貢献した研究者を表彰するもので,レーザー進歩賞はバワーレーザーに関する科学技術とその応用分野で優れた業績をあげた個人またはグループに与えられるもの。

今回,同氏は,X線自由電子レーザー(XFEL)を用いた相互作用研究で,世界最短波長の原子準位レーザー発振などの高輝度X線レーザー科学研究を開拓したとして表彰された。

その他関連ニュース

  • 日本触媒,有機EL討論会「第12回業績賞」を受賞 2019年06月14日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日
  • キヤノン,露光装置で経団連会長賞を受賞 2019年05月24日
  • 立石科学技術振興財団,2019年度助成金贈呈者を決定 2019年05月14日
  • キャスレー,超高速画像解析ツールが「優秀賞」を受賞 2019年04月10日
  • 第11回レーザー産業賞が決定 2019年04月10日
  • ゴールド・メダル賞,光関連研究で3人が受賞
    ゴールド・メダル賞,光関連研究で3人が受賞 2019年03月20日