Cepton,小糸にLiDARのサンプルを供給

Cepton Technologiesは,小糸製作所に同社の小型自動運転向けLiDARのサンプルを提供すると発表した(ニュースリリース)。

同社のLiDARは,Micro-Motion Technology (MMTTM) プラットフォームと呼ぶ,機械的な回転や摩耗のない独自の技術により,車両の周囲の高解像度イメージを生成することで,最大で300m離れた物体を検出できる。低消費電力かつ高解像度で,自動車用照明システムに組み込むことを視野に,小型化の開発を進めている。

同社のLiDARセンサーは小型のため,自動車照明システムに直接組み込んでも,車両のスリムなデザインに影響を与えることなく,自動運転技術を導入する可能性が高まるとしている。一方,小糸製作所は,Quanergyともヘッドライトの概念設計で協業することを発表してLiDARサンプルの提供を受けており,今後,性能評価を進めていくものと思われる。

その他関連ニュース

  • KDDIら,5G活用の遠隔監視型自動運転を実施 2019年02月07日
  • 国土交通省ら,陸上・水中レーザードローンを開発 2019年02月04日
  • 市大,視覚障がい者向け杖装置を検証 2019年01月30日
  • TI,ADB向けDLPチップセットを発売 2019年01月23日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • ヴァレオとモービルアイ,自動運転の安全性評価で協力 2019年01月10日
  • Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表 2019年01月09日