Cepton,小糸にLiDARのサンプルを供給

Cepton Technologiesは,小糸製作所に同社の小型自動運転向けLiDARのサンプルを提供すると発表した(ニュースリリース)。

同社のLiDARは,Micro-Motion Technology (MMTTM) プラットフォームと呼ぶ,機械的な回転や摩耗のない独自の技術により,車両の周囲の高解像度イメージを生成することで,最大で300m離れた物体を検出できる。低消費電力かつ高解像度で,自動車用照明システムに組み込むことを視野に,小型化の開発を進めている。

同社のLiDARセンサーは小型のため,自動車照明システムに直接組み込んでも,車両のスリムなデザインに影響を与えることなく,自動運転技術を導入する可能性が高まるとしている。一方,小糸製作所は,Quanergyともヘッドライトの概念設計で協業することを発表してLiDARサンプルの提供を受けており,今後,性能評価を進めていくものと思われる。

その他関連ニュース

  • JAXAらが開発する乱気流検知装置,標準化に一歩 2018年07月24日
  • リコー,路面状態まで捉えるADAS向け3Dカメラを発売 2018年07月24日
  • Cepton,独自方式のLiDARをデモ 2018年07月13日
  • 三菱電機,仏空港から気象ドップラーライダーを受注 2018年07月13日
  • 水中光無線/LiDARを目指すALANコンソーシアムが始動 2018年07月12日
  • パナ,TOF方式長距離画像センサーを解説 2018年07月04日
  • 芝浦工大,LiDARの識別性能を向上させる技術を開発 2018年07月04日
  • 自動運転向けLiDAR市場,2030年に4,959憶円へ 2018年06月29日