トクヤマ,フォトレジスト用現像液を増産へ

トクヤマは,フォトレジスト用現像液であるテトラメチルアンモニウムヒドロキシド(TMAH)の需要増に対応するため,同社徳山製造所において製造設備の増強を決定したと発表した(ニュースリリース)。

同社は,ICケミカル事業を中期経営計画における成長事業として位置付けており,ICケミカル事業の主要製品のTMAHは,半導体市場における微細化の進展に伴い,高純度なフォトレジスト用現像液として需要拡大が見込まれているという。同社は市場のニーズに対応するため,製造設備を増強することで事業拡大を図る。

今回の増強により,TMAHの生産能力は50%増強されることとなる。 TMAHの製造設備は徳山製造所徳山工場内に建設し,2020年4月の営業運転開始を予定している。同社ではこの増設を通じてTMAHの供給体制をより一層拡充し,さらなる安定供給を図るとともに,幅広い用途展開を推進するとしている。

その他関連ニュース

  • 200mmファブの世界生産,2022年までに70万枚増加 2019年02月13日
  • NEC,半導体チップの耐放射線性を宇宙で実験 2019年01月22日
  • 産総研と東大,AIチップ開発拠点を設立 2018年12月28日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • 東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工 2018年12月21日
  • 電子情報産業の世界生産額,過去最高を更新 2018年12月19日
  • 浜ホト,新棟建設で電子管事業の研究開発を強化 2018年12月12日