NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)情報科学領域 光メディアインタフェース研究室助教の久保尋之氏らは,第21回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2018)においてMIRUデモ発表賞を受賞した(ニュースリリース)。

MIRUは,画像認識と理解技術に関する国内最大規模の学術集会。21回目を迎える本年度は8月5日から8日まで,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)にて開催された。研究者,技術者,そして次世代を担う学生が集う議論・交流の場として,基礎から応用まで最新の研究発表と討論が行なわれた。

今回,同氏らが受賞した研究テーマは「Plane-to-Rayライトトランスポートの計測に基づく半透明物体内部のリアルタイムイメージング」。MIRUデモ発表賞は,デモ発表9件の中で,参加者による投票に基づき選定された1件に与えられる賞となっている。

新着記事

  • 【訃報】宮崎大学名誉教授の黒澤宏氏死去 2019年04月22日
  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日