NAIST久保氏ら,MIRUデモ発表賞を受賞

奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)情報科学領域 光メディアインタフェース研究室助教の久保尋之氏らは,第21回 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU 2018)においてMIRUデモ発表賞を受賞した(ニュースリリース)。

MIRUは,画像認識と理解技術に関する国内最大規模の学術集会。21回目を迎える本年度は8月5日から8日まで,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市)にて開催された。研究者,技術者,そして次世代を担う学生が集う議論・交流の場として,基礎から応用まで最新の研究発表と討論が行なわれた。

今回,同氏らが受賞した研究テーマは「Plane-to-Rayライトトランスポートの計測に基づく半透明物体内部のリアルタイムイメージング」。MIRUデモ発表賞は,デモ発表9件の中で,参加者による投票に基づき選定された1件に与えられる賞となっている。

その他関連ニュース

  • 2018年度「C&C賞」に,西森秀稔氏とチン W. タン氏 2018年10月10日
  • ドコモ,ワイヤレスカメラとAIで病害虫を自動検出 2018年09月19日
  • 島津の医療用X線装置,未来技術遺産に登録 2018年08月23日
  • 第21回光設計賞,受賞者が決定 2018年08月22日
  • 大学発ベンチャー表彰,光関連企業2社が受賞 2018年08月22日
  • 電通大米田教授,泰山賞レーザー進歩賞を受賞 2018年07月26日
  • 理科大 吉野氏,光がかかわる触媒化学シンポで優秀ポスター賞受賞 2018年07月11日
  • 阪大の舘林潤氏,レーザー学会奨励賞を受賞 2018年06月15日