京セラ,OPC感光体ドラムの中国新工場が竣工

京セラドキュメントソリューションズは,中国広東省東莞市にある主力生産拠点である京セラ弁公設備科技(東莞)有限公司の敷地に,昨年7月より着工していたOPC感光体ドラムの新工場が完成し,8月9日に竣工式を行なったと発表した(ニュースリリース)。

中国工場では,同社の主力工場で複合機およびプリンターの生産に加え,OPC感光体ドラム(消耗品)の生産も行なっている。同社は,複合機やプリンターの受注拡大に伴い,低中速機に搭載されるOPC感光体ドラムの生産増強が急務であることから,OPC感光体ドラムの生産工場を増設することを決定した。

新工場は,総床面積11,400m2の3階建てで,OPC感光体ドラムの生産工程で出る排水のリサイクルシステムや,排ガス処理装置を設置するなど,環境にも配慮した。また,独自の新生産設備を導入し,殆どの工程を自動化する事でOPC感光体ドラムの生産能力を2020年には,現在の2.5倍以上に増強する予定。

同工場ではドラムの生産だけではなく複合機,プリンターの機器生産においても,IoTを積極的に導入し自動化を推進することによって,さらなる生産性向上を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日
  • 東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工 2018年12月21日
  • 浜ホト,新棟建設で電子管事業の研究開発を強化 2018年12月12日
  • 東海光学,真福寺事業所を拡大 2018年12月06日
  • 出光興産,中国に有機EL材料工場を建設 2018年12月05日
  • SCREEN,ディスプレー関連生産拠点が竣工 2018年11月21日
  • シグマ光機,本社工場内に新工場棟を建設 2018年11月16日
  • ⽇板,太陽電池パネル⽤ガラスの⽶⼯場増設地を決定 2018年10月24日