オキサイド,真空紫外レーザー事業を譲受

オキサイドは,米国の真空紫外レーザーメーカーLumeras, LLCより,114nm(11eV)のレーザー事業を8月25日譲受したと発表した(ニュースリリース)。

114nm真空紫外レーザーは,米国のStanford大学発ベンチャー企業であるLumeras社が開発し提供してきたレーザー光源。近年,最先端材料の研究領域で,急速に注目されてきた光電子分光装置の励起用レーザーとして,世界の主要研究機関で利用されているという。

オキサイドは紫外領域の波長変換に必要な非線形結晶の製造技術を保有しており,その結晶を利用した深紫外レーザーを供給してきた。今回,Lumeras社の真空紫外レーザー事業を譲受することより,紫外(355nm),深紫外(266nm,213nm),真空紫外(114nm)をカバーする世界で唯一のレーザーメーカーになったとしている。

その他関連ニュース

  • 筑波大ら,高強度レーザーの金属破壊を直接観測 2019年05月24日
  • 東北大ら,高分子レーザー加工を3次元で動的に可視化 2019年05月24日
  • ams,LiDAR向けVCSELをIbeoとZFに提供 2019年05月22日
  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 横国大,光学結晶中の白色レーザー発生原理を解明 2019年05月15日
  • 阪大ら,レーザーによる加熱機構を特性X線で解明 2019年05月14日
  • 市大ら,レーザーで量子渦による粒子運動を解明 2019年05月09日
  • 光響,「ラマン分光学習キット」を発売 2019年04月23日