【OPTO TAIWAN】ハイパースペクトルカメラに注力する五鈴光學

同社は大阪の五鈴精工硝子の合弁会社として2003年に設立された。その後2015年に独立し,独自に製品を製造するメーカー兼,五鈴精工硝子や各国の光学製品・装置の代理店としてビジネスを展開している。

主な製品はガラスレンズとカラーフィルタで,主にカメラやプロジェクターなどに使われている。他にハイパーペクトルカメラに力を入れており,現在では主力製品の一つとなっている。ハンディタイプなども開発しており,用途として工場のラインや研究開発があるとする。

研究用途では台湾および中国の国立研究機関,大学の研究室での採用が多いという。研究内容としては,バイオメディカル,薬品,農業などがある。産業で用いられる場合は,太陽電池パネルや半導体製造ラインでの検査用途に多く用いられている。

現在,同社の売上の30%は中国向けとなっている。こうしたハイパースペクトルカメラやガラスレンズ,プロジェクターの生産は以前は台湾国内で行なっていたが,現在は中国で行ない,台湾に逆輸入している。日本に向けては主にレンズ製品を販売しており,五鈴精工硝子を通じて購入することができる。

その他関連ニュース

  • 【OPTO TAIWAN】多角化を進める亞洲光學 2018年09月04日
  • 堀場,小型・軽量の蛍光吸光分光装置を発売 2018年09月03日
  • 【OPTO TAIWAN】元利盛精密機械のカメラ組立て装置 2018年08月30日
  • 理研ら,X線の2光子吸収分光法を実現 2018年08月23日
  • エドモンド,高ロバストの計測用/産業用レンズを発売 2018年08月21日
  • 千葉大,ハイパースペクトルカメラでNO2を可視化 2018年08月02日
  • 島津,最高感度のLIBS金属元素測定技術を開発 2018年07月06日
  • エドモンド,小型・軽量のOEM向固定焦点レンズを発売 2018年06月26日