【OPTO TAIWAN】ハイパースペクトルカメラに注力する五鈴光學

同社は大阪の五鈴精工硝子の合弁会社として2003年に設立された。その後2015年に独立し,独自に製品を製造するメーカー兼,五鈴精工硝子や各国の光学製品・装置の代理店としてビジネスを展開している。

主な製品はガラスレンズとカラーフィルタで,主にカメラやプロジェクターなどに使われている。他にハイパーペクトルカメラに力を入れており,現在では主力製品の一つとなっている。ハンディタイプなども開発しており,用途として工場のラインや研究開発があるとする。

研究用途では台湾および中国の国立研究機関,大学の研究室での採用が多いという。研究内容としては,バイオメディカル,薬品,農業などがある。産業で用いられる場合は,太陽電池パネルや半導体製造ラインでの検査用途に多く用いられている。

現在,同社の売上の30%は中国向けとなっている。こうしたハイパースペクトルカメラやガラスレンズ,プロジェクターの生産は以前は台湾国内で行なっていたが,現在は中国で行ない,台湾に逆輸入している。日本に向けては主にレンズ製品を販売しており,五鈴精工硝子を通じて購入することができる。

その他関連ニュース

  • 【光フェア】島津製作所,リアルタイム分光器を参考出展 2018年11月14日
  • 【光フェア】東京インスツルメンツ,光学素子用分光光度計を展示 2018年11月14日
  • 【光フェア】AGC,赤外線レンズ・コートを紹介 2018年11月13日
  • 東大,フーリエ変換分光法を1,000倍高速化 2018年10月29日
  • 浜松ホト,世界最小のグレーティング型分光器を開発 2018年10月24日
  • 【CEATEC2018】サイバックス,高効率LEDレンズ設計技術を開発 2018年10月19日
  • 金工大ら,大口径遠赤外光学レンズの開発に着手 2018年10月03日
  • 【OPTO TAIWAN】多角化を進める亞洲光學 2018年09月04日