【OPTO TAIWAN】ハイパースペクトルカメラに注力する五鈴光學

同社は大阪の五鈴精工硝子の合弁会社として2003年に設立された。その後2015年に独立し,独自に製品を製造するメーカー兼,五鈴精工硝子や各国の光学製品・装置の代理店としてビジネスを展開している。

主な製品はガラスレンズとカラーフィルタで,主にカメラやプロジェクターなどに使われている。他にハイパーペクトルカメラに力を入れており,現在では主力製品の一つとなっている。ハンディタイプなども開発しており,用途として工場のラインや研究開発があるとする。

研究用途では台湾および中国の国立研究機関,大学の研究室での採用が多いという。研究内容としては,バイオメディカル,薬品,農業などがある。産業で用いられる場合は,太陽電池パネルや半導体製造ラインでの検査用途に多く用いられている。

現在,同社の売上の30%は中国向けとなっている。こうしたハイパースペクトルカメラやガラスレンズ,プロジェクターの生産は以前は台湾国内で行なっていたが,現在は中国で行ない,台湾に逆輸入している。日本に向けては主にレンズ製品を販売しており,五鈴精工硝子を通じて購入することができる。

その他関連ニュース

  • ニコンら,分光とAIによる食品異物検査装置を開発 2019年05月22日
  • 東大ら,磁気異方性の操作メカニズムをXMCDで解明 2019年05月10日
  • NAOJら,銀河系の歴史的痕跡となる恒星を発見 2019年05月07日
  • はやぶさ2,分光観測で試料採取の着地点を選定 2019年04月27日
  • リコー,25mm5メガピクセル対応FAレンズを発売 2019年04月11日
  • エドモンド,II-VIと赤外用オプティクスで協業 2019年04月10日
  • トヨタ,光センサーを活用した土壌診断を実証 2019年04月02日
  • 東大ら,スペクトルから物質の構造や機能を直接決定 2019年03月27日