【OPTO TAIWAN】ロボットアーム校正装置を開発した山衛科技

山衛科技は光学をはじめとする,様々なタイプの測定装置,検査・分析装置機器のメーカー。自社製品の他,サーモサイエンティフィックのハンドヘルド型分析装置の販売も行なっている。

同社の金属,ガラス,半導体,MEMS等の表面粗さなどを測定する装置として,光源にLEDを用いた白色干渉計を扱っている。中でも半導体の露光工程においてコンタミを発見する装置は台湾の半導体ファウンダリ最大手のTSMCにも採用されているという。TSMCではこの装置で3μm以上のコンタミを探しているが,この装置は最小で1μmのコンタミを発見する能力を有するという。

また,同じく白色干渉計による非接触膜厚測定機もリリースしており,薄くて柔らかい膜の厚さの測定のほか,振動物の形状も測定できるという。この測定器はスピードが速いのが最大の特長だとしている。

今回同社は,「3D Lasaer Ball Bar」という,ロボットアームの校正用測定器を展示した。これはスライド式の伸長式バーの先端に金属製の球が付いたもので,この球をロボットに掴ませ,ボールの手前に取り付けられたレーザーによるドップラーシフトを計測することで,ロボットアームの動きを3次元的に正確に記録することができる。記録したロボットの動きとプログラムしたロボットの動きの誤差を検出できる。

アームの傾きは2つのエンコーダーによって記録され,角度分解能力は 1arcsec,アーム長さ分解能は0.1ppmとなっている。すぐに使うことができ,これ1台あれば複数台のロボットのアライメントが可能となる。台湾大学の范光照教授と開発した製品で,今年から発売を開始する。

同社では,この技術について「これからロボット時代を迎えるにあたって大事な技術」だとし,ロボットメーカーの多い日本市場にも大きな興味と関心を持っているという。

その他関連ニュース

  • リンクス,ロボットピッキング統合パッケージを発売 2019年01月16日
  • 東大ら,経鼻内視鏡手術支援ロボットを開発 2019年01月15日
  • 三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手 2018年12月27日
  • 2024年協働ロボット世界市場,8,500億円に成長 2018年12月19日
  • 2018年度国内AGV市場規模,前年度比106.0%の147億8,200万円 2018年12月17日
  • 都産技研ら,AI監視カメラ搭載警備ロボットの実証実験開始 2018年11月28日
  • オムロン,駅業務における自動巡回ロボットの実験を開始 2018年11月26日
  • パナら,AI自動操縦ロボット掃除機を開発 2018年11月01日