竹中システム,ラインスキャンカメラ3機種を発売

竹中システム機器は,デジタルラインスキャンカメラ「TL-8K35AGE,TL-4K7AGE,TL-2K7AGE」の3機種を発売した(製品ページ)。

画素数8,192の「TL-8K35AGE」,4,096の「TL-4K7AGE」,2,048の「TL-2K7AGE」の3機種で,最大スキャンレート48kHzの高解像度・高速走査のCMOSラインスキャンカメラとなっている。

GigEインターフェースを採用し,中継なしで100mの画像伝送が可能で,CMOSリニアイメージセンサの搭載により,高速動作が可能となっている。

特長として,水平・垂直ビニング機能の使用により感度アップが可能,高密度画素配列による高精細な画像,グローバルシャッタ機能及びFFC機能の搭載,アンチブルーミング機能の搭載,汎用性の高いFマウントの採用,DC12Vの単一電源での動作,小型・軽量などがある。

用途として,画像検査などの画像処理装置の入力機器,半導体ウエハ・液晶パネルの検査機器用途,外観検査や各種寸法測定などの計測装置の入力機器,シート状物体表面検査装置の入力機器,高画質のパターン検査装置入力機器,その他コンピュータと接続して行なう画像処理用途などを想定している。

その他関連ニュース

  • エドモンド,高ロバストの計測用/産業用レンズを発売 2018年08月21日
  • Basler,ソニー製センサーの新型GigE対応カメラを発売 2018年08月21日
  • オムロン,新光源による外観検査装置を発売 2018年07月30日
  • キヤノン,出荷検査基準を高めた1.2億画素CMOSセンサーを発売 2018年07月11日
  • JAI,プリズム分光式4Kラインスキャンカメラを発売 2018年07月05日
  • 竹中システム機器,斜めから全てにピントの合うカメラを発売 2018年07月05日
  • Basler,ソニー製CCDカメラからの移行向けCMOSカメラをリリース 2018年07月03日
  • ams,マシンビジョン向け8K CMOSセンサーの量産開始 2018年06月13日