ドコモ,ワイヤレスカメラとAIで病害虫を自動検出

NTTドコモは,米Locix,Inc.(ロシックス)の省電力HDワイヤレスカメラと,NTTグループのAI「corevo®」を構成する,ドコモのAI技術を活用した画像認識エンジンを組み合わせて,圃場(ほじょう)における病害虫の発生数および種別の特定に向けた実証実験を2018年9月下旬に開始する(ニュースリリース)。

これは,トマトのハウス栽培圃場における病害虫の監視業務の効率化を目的とするもの。

具体的には,圃場に設置された粘着トラップで捕獲した病害虫を撮影し,画像認識による精度を検証する。これまでは農家や農業技術支援を行なう指導員が圃場に赴いて粘着トラップを回収し,病害虫の数と種別特定をしていたが,この実証実験では,圃場に赴くことなく,遠隔地から病害虫の発生状況を確認することができるソリューションを実現し,今後の監視業務の効率化や収穫量の安定化に貢献するという。

この実証実験の環境を含め,定点観測目的のカメラなどのIoT機器設置においては,固定電源の確保が困難な場合があり,省電力でこれらの機器を長期間稼働させる技術が求められていた。

同社はこの課題を解決するため,ドコモの100%子会社であるNTTドコモ・ベンチャーズを通じて,米シリコンバレーにある省電力無線技術の開発企業ロシックスに2018年7月10日に出資した。

ロシックスは,省電力,高精度測位可能な無線技術の開発,またこれらの技術を組み込んだ省電力HDワイヤレスカメラなどの関連ソリューションを提供する企業。

ロシックスが提供しているワイヤレスカメラソリューションは,HDカメラ,ハブ,ロシックスサーバから構成され,カメラ~ハブ間において920MHz帯の無線通信を使うことで画像の送信にかかる電力消費を抑え,バッテリーのみで複数年動作することが特長という。

ロシックスサーバとドコモを含めた他システムが連携することで,今回の実証実験のような取り組みをはじめ,様々なサービスを容易に構築できる仕組みが可能だとする。

今後ドコモはロシックスのカメラソリューションを活用し,農業領域にとどまらず,倉庫管理や,物販,見守りなどの分野へ水平展開し,さまざまな顧客の課題解決に活用していくとしている。

新着記事

  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • AGC,窓ガラスに透明ディスプレーを組込む技術を開発 2019年05月17日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • 国立天文台,新装置で原始惑星系円盤を観測 2019年05月16日
  • マックス・プランク,ナノスケールの光制御技術を開発 2019年05月15日
  • JASITら,高分子の相転移を利用した人工光合成に成功 2019年05月15日
  • 理科大,トモグラフィーの精度を数式で向上 2019年05月15日