ドコモ,ワイヤレスカメラとAIで病害虫を自動検出

NTTドコモは,米Locix,Inc.(ロシックス)の省電力HDワイヤレスカメラと,NTTグループのAI「corevo®」を構成する,ドコモのAI技術を活用した画像認識エンジンを組み合わせて,圃場(ほじょう)における病害虫の発生数および種別の特定に向けた実証実験を2018年9月下旬に開始する(ニュースリリース)。

これは,トマトのハウス栽培圃場における病害虫の監視業務の効率化を目的とするもの。

具体的には,圃場に設置された粘着トラップで捕獲した病害虫を撮影し,画像認識による精度を検証する。これまでは農家や農業技術支援を行なう指導員が圃場に赴いて粘着トラップを回収し,病害虫の数と種別特定をしていたが,この実証実験では,圃場に赴くことなく,遠隔地から病害虫の発生状況を確認することができるソリューションを実現し,今後の監視業務の効率化や収穫量の安定化に貢献するという。

この実証実験の環境を含め,定点観測目的のカメラなどのIoT機器設置においては,固定電源の確保が困難な場合があり,省電力でこれらの機器を長期間稼働させる技術が求められていた。

同社はこの課題を解決するため,ドコモの100%子会社であるNTTドコモ・ベンチャーズを通じて,米シリコンバレーにある省電力無線技術の開発企業ロシックスに2018年7月10日に出資した。

ロシックスは,省電力,高精度測位可能な無線技術の開発,またこれらの技術を組み込んだ省電力HDワイヤレスカメラなどの関連ソリューションを提供する企業。

ロシックスが提供しているワイヤレスカメラソリューションは,HDカメラ,ハブ,ロシックスサーバから構成され,カメラ~ハブ間において920MHz帯の無線通信を使うことで画像の送信にかかる電力消費を抑え,バッテリーのみで複数年動作することが特長という。

ロシックスサーバとドコモを含めた他システムが連携することで,今回の実証実験のような取り組みをはじめ,様々なサービスを容易に構築できる仕組みが可能だとする。

今後ドコモはロシックスのカメラソリューションを活用し,農業領域にとどまらず,倉庫管理や,物販,見守りなどの分野へ水平展開し,さまざまな顧客の課題解決に活用していくとしている。

その他関連ニュース

  • オリンパス,内視鏡用オープンプラットフォームを開発 2019年03月20日
  • 2021年の画像処理システム世界市場,32.0%増に 2019年03月19日
  • 東大,ニューラルネットワークに視覚野を転写 2019年03月11日
  • オリンパスと慈恵医大,顕微授精のAI研究を開始 2019年03月08日
  • オリンパスら,AI向け内視鏡画像データを効率的に作成 2019年03月07日
  • 立教の光学航法カメラ,「はやぶさ2」に搭載 2019年02月27日
  • オリンパス,国内初の内視鏡用AIを発売 2019年02月25日
  • NEC,一部見えない人物でも照合可能な技術を開発 2019年02月07日