日板の防曇ガラス,トヨタ新型シエンタに採用

日本板硝子は,新型シエンタ(Sienta)のトヨタセーフティセンス設定車両に,同社の防曇機能付ガラスが採用されたと発表した。(ニュースリリース)。

新型シエンタは2018年9月から発売。同社の有機無機ハイブリッドコーティング技術により開発された防曇膜を,フロントガラスに付与することで曇りを防止する。

トヨタ自動車は,事故が起こりやすいシーンをカバーする先進の予防安全パッケージ,トヨタセーフティセンスを展開。衝突の回避や被害の軽減をサポートし,事故を未然に防ぐサポート機能の一つとして歩行者,車両等を認識するカメラがフロントガラスに取付けられている。冬季,梅雨等の環境下においてもカメラ前のガラスが曇りにくくし,安全な運転を可能にするという。

その他関連ニュース

  • AGC,自動車用ガラスアンテナ開発を日米欧3極体制に 2019年03月20日
  • JDI,仏ティア1と車載ディスプレーで協業 2019年03月05日
  • オハラの低膨張ガラス,人工衛星のミラー材料に採用 2019年01月30日
  • TI,ADB向けDLPチップセットを発売 2019年01月23日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • 日立,車載用ステレオカメラ向け技術を開発 2019年01月08日
  • AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用 2018年12月19日