東急電鉄ら,道路構造物向けシステムで鉄道保守

東京急行電鉄(東急電鉄),伊豆急行,首都高速道路(首都高),首都高技術は,首都高グループが開発した道路構造物の維持管理システム(インフラドクター)を活用した,鉄道保守新技術の共同開発(鉄道版インフラドクター)を行なう(ニュースリリース)。

この取り組みは,鉄道施設の保守点検および管理作業の精度向上と効率化が目的。道路維持管理システムを鉄道に適用した事例としては,日本初という。

インフラドクターは,レーザースキャンで得られる3次元点群データとGIS(地理情報システム)を連携させることで,異常箇所の早期発見,構造物の3次元図面作成,個別台帳で管理してきた図面や各種の点検・補修データの一元管理ができ,構造物点検の作業や維持補修計画の立案などの効率が大幅に向上するシステム。

今回,鉄道版インフラドクターの共同開発に向けて,今週から伊豆急行線全線(伊東-伊豆急下田間,45.7km)を対象に,3次元点群データ計測車両を鉄道台車に積載して実証実験を行なう。

東急電鉄は,今年3月に発表した新中期3か年経営計画の重点施策として,AIやIoTなどの先端技術を活用した新事業の検討を進めている。また首都高の中期経営計画においても,顧客への「安全」「安心」「快適」を提供するためのインフラ整備における維持管理の効率化・高度化・省力化を重点施策として位置付けており,両社の取り組み・意向が合致した。

なお,今年度中に東急線内での実証実験も行なう予定。今回の実証実験を機に,計測・運用方法や精度をさらに向上させ,鉄道の新しい技術として事業化するほか,空港など他分野の技術開発も行なうとしている。

実証実験は,鉄道台車にレーザースキャナやカメラを搭載した移動計測車両MMS(モービル マッピングシステム)を載せ,レール上からのレーザー計測で「レールの形状」「トンネルの内面形状」「橋梁の上部形状」「レール周辺の斜面」「プラットフォームの形状」などの計測を行なう。

また,インフラドクターは,今年度の第20回国土技術開発賞にて最優秀賞(国土交通大臣表彰)を受賞した「ICTの活用による生産性向上を図る維持管理システム(スマートインフラマネジメントシステムiDREAMs®)」の中核システムでもある。

その他関連ニュース

  • アストロデザインら,8K映像を道路点検に適用 2018年12月13日
  • 理研,中性子でコンクリート内塩分を非破壊測定 2018年10月26日
  • リコー,ステレオカメラの路面モニタリングシステムを開発 2018年09月11日
  • NEDOプロ,インフラ検査用モアレカメラを製品化 2018年09月05日
  • 三井住友建設,レーザースキャナー出来形検測システムを開発 2018年08月20日
  • 2030年インフラ向け画像処理・カメラ機器/システム市場は419億円 2018年07月31日
  • 芝浦工大,レーザーで構造物の損傷を非接触・非破壊で高精度検知 2018年07月26日
  • 2018年度非破壊検査装置・機器世界市場は8,693億円に 2018年07月12日