パイオニア,MEMS方式3D−LiDARを発売

パイオニアは,MEMSミラー方式で計測距離が異なる3D-LiDARセンサー3種4モデルの提供を,9月下旬より順次開始する(ニュースリリース)。

3D-LiDARセンサーは,レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し,遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため,レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスと言われている。

同社は,2020年以降の量産化を目指し,高性能で小型かつ低コストな3D-LiDARセンサーの開発を進めており,昨年の9月以降検証用サンプルを国内外の企業に提供している。

今回提供を開始する3D-LiDARセンサーは,駆動部のないMEMSミラーを用いたラスタースキャン方式で,長距離測定用の「望遠タイプ」,中距離用の「標準タイプ」,近距離用の「準広角タイプ」と計測距離の異なる3種類を揃えている。

また,標準タイプには3D-LiDARセンサーを2台組み合わせた計測幅の広い「デュアルタイプ」もラインナップ。使用用途に合わせて異なるタイプを組み合わせることも可能で,車両など実際に使用する環境に設置して動作検証を行なえる。

同社の3D−LiDARは汎用部品の活用など柔軟なシステム構成にすることで,量産時のコストダウンを目指すとともに,独自のデジタル信号処理技術と最適化したアルゴリズムを用いることで,黒色の物体や遠方物体に対する計測能力を高めている。

同社は,自動車関連やICT,その他幅広い業種の事業者様向けにこの製品を提供し,さまざまなニーズにおける仕様などの検討を行なうとともに,この製品を用いてより精度の高い物体認識アルゴリズムおよび自車位置推定アルゴリズムの開発を進める。

早期に実現が見込まれる限定エリアでの自動運転レベル4向けの車両や,その先の一般道での自動運転レベル3向け車両への搭載および次世代GISサービスなどへの活用を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,経営戦略とイメージセンサー新製品を発表 2018年12月12日
  • オムロン,駅業務における自動巡回ロボットの実験を開始 2018年11月26日
  • 富士通とFIG,体操採点支援システムを実用化へ
    富士通とFIG,体操採点支援システムを実用化へ 2018年11月21日
  • パイオニア,シンガポールで自動運転の実証実験 2018年11月21日
  • 三菱ロジスネクスト,レーザー誘導フォークリフトを発売 2018年11月16日
  • 浜ホト,LiDAR向け4チャンネルPLDを開発 2018年11月06日
  • パナら,AI自動操縦ロボット掃除機を開発 2018年11月01日
  • NIMS,超高品質因子のダイヤモンドカンチレバーを開発 2018年10月31日