NEC,世界初の南大西洋横断光海底ケーブルを建設

NECは,アフリカ・アンゴラケーブルズ社と締結したアンゴラとブラジルを結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「SACS(South Atlantic Cable System,サックス)」の建設工事を完了し,アンゴラケーブルズ社に引き渡した(ニュースリリース)。

SACSは,アフリカ大陸(アンゴラ・サンガノ)と南米大陸(ブラジル・フォルタレザ)を結ぶ南大西洋を横断する世界初の光海底ケーブルシステムであり,NECにとっても大西洋で初めて手掛けたプロジェクト。光海底ケーブルの総延長距離は約6,200km,毎秒100Gb/sの最新の光波長多重伝送方式を採用し,最大設計伝送容量は毎秒40Tb/sとなっている。

アンゴラを含むアフリカの主要国では経済成長に伴う国際通信需要が近年増加しており,特に経済大国のブラジルや,ブラジルを経由した米国との通信を可能にする国際通信ケーブルの整備が求められていた。

SACSはこうしたニーズに応え,陸揚げ地のブラジル・フォルタレザで米国に繋がる海底ケーブルと接続することで,アンゴラからブラジルを経て米国に至る新たな広域通信ネットワークを実現する。また,石油関連産業への依存が高いアンゴラの通信ハブとしての地位向上,産業多様化に貢献するという。

なお,SACSの建設には,国際協力銀行(JBIC)のバイヤーズ・クレジット(輸出金融)が活用された。この融資は,三井住友銀行(SMBC)との協調融資によるもので,SMBC融資部分には日本貿易保険(NEXI)による保険が活用された。JBICは,このプロジェクトに必要なシステム一式の購入資金の一部をアンゴラ国営のアンゴラ開発銀行を通じて融資した。

その他関連ニュース

  • NEDOら,超小型4波長多重光受信チップを開発 2019年07月08日
  • NICTらの量子鍵配送ネットワーク,ITU-T勧告に承認 2019年07月03日
  • NTTら,商用環境で1Tb/s信号の1122km伝送に成功 2019年06月19日
  • NTT,光インターコネクトでAI処理を高速化 2019年06月19日
  • 古河電工,冗長性の高い10G-EPONシステム発売 2019年06月18日
  • 住友電工,IEC活動推進会議議長賞を受賞 2019年06月13日
  • NTT,241GHzの広帯域増幅器ICを実現 2019年06月03日
  • AGCら,5G端末向けガラスアンテナを開発 2019年05月29日