ニコン,眼科用医療機器販社を設立

ニコンの子会社,ニコンヘルスケアジャパンは,2018年10月1日から営業を開始し,眼科用医療機器の日本における販売やサービスを行なう(ニュースリリース)。

ニコンは,眼科用医療機器の販売やアフターフォロー,メンテナンスを行なう中央産業貿易を完全子会社化し,同じく子会社で超広角走査型レーザー検眼鏡の国内販売を行なうOptosと経営統合,ニコンの100%出資子会社として「ニコンヘルスケアジャパン」を発足した。

ニコンは,今回のニコンヘルスケアジャパンの営業開始を機に,日本での眼科用医療機器の販売,サービスについて,戦略的かつ効果的な体制強化を加速するとともに,世界中の人々のQOL(Quality of Life)の向上に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • 京セラ,光学系子会社を吸収合併 2018年05月29日
  • ウシオライティング,減資と共にマックスレイを吸収合併 2018年02月28日
  • ショット,東京と滋賀の2社を統合 2018年02月01日
  • ニデック,凝固用イエローレーザーを発売 2016年11月02日