ナック,超高速・短時間の光を捉える光検出装置を発売

ナックイメージテクノロジーは,超高速度で短時間に発生する光を捉える光検出装置「ストリークカメラ OptoScope」を発売した(製品ページ)。

同装置は,計測対象の光強度の時間的変化を最小2psの時間分解能で測定可能なほか,光強度の空間分布だけでなく分光器と組み合わせて発光スペクトルの時間変化も測定できる。

さらに同装置は,ストリークチューブを内蔵したメインユニット,掃引時間を制御する掃引ユニット,被写体光を入射するための入射光学系,読み出しCCDカメラがモジュール形式となっている。計測目的に応じてユニットを選択できるため,幅広い計測に対応が可能という。

Optoanalyseソフトウェアを用いることで,ストリークカメラの制御が行なえる。ストリーク像のリアルタイム観察,データ保存の他,時間,空間解析によるプロファイル表示,ドリフト・ジッタ補正機能,空間・波長校正機能などを備えている。

またシングルショット計測,積算計測,シンクロスキャン計測,フォトンカウンティング計測等,さまざまな計測が行なえ,微弱光でのシングルフォトン計測にも対応するとしている。

その他関連ニュース

  • 立教の光学航法カメラ,「はやぶさ2」に搭載 2019年02月27日
  • NEC,一部見えない人物でも照合可能な技術を開発 2019年02月07日
  • NEDOら,カメラデータから顔データ含むコーパス作成 2019年02月07日
  • Basler,一部製品にビネッティング補正を搭載 2019年01月24日
  • JAXA,温室効果ガス観測衛星のセンサー動作を確認 2019年01月16日
  • 東工大,低コストスタートラッカーなど宇宙実験 2019年01月16日
  • オンセミ,ディスプレー検査向け50MP CCDを発表 2018年10月31日
  • 【CEATEC2018】エイブリック,紫外線イメージセンサーを開発 2018年10月19日