堀内電機製作所,新方式のレーザーはんだ付けシステムを発売

堀内電機製作所は,従来のレーザーはんだ付けとは異なる新しい方式のハイブリットブルーレーザーソルダリングシステム「BLES System」を発売する(製品ページ)。

同システムは,様々な金属に対して吸収率の高い445nm波長のブルーレーザーと新開発のボールディスペンサーの組合せにより,高品質でダメージのないフラックスレスはんだ付けが可能。スマートフォンなどに見られる基板設計の高密度化や部品の小型化など,あらゆる分野へのマイクロソルダリングに対応するという。

ボールリザーバーからキャピラリ先端に供給されたはんだボールをレーザー光で溶融し,接合部へ吐出するため接合部への熱ダメージを軽減する。新開発のハイブリットブルーレーザーユニットはパルス波とCW波の発振が可能。パルス波でキャピラリ内のはんだを素早く溶融させ,はんだの酸化を抑制する。またCW波によりプリヒートとアフターヒートが可能なため,対象ワークに合わせた幅広いプロセスに対応できるとしている。

その他関連ニュース

  • 芝浦工大,レーザーで樹脂フィルムに銅配線を形成 2018年10月18日
  • 産総研ら,サブマイクロ球状粒子の大量合成に成功 2018年10月10日
  • カンタムデザイン,板隙ゼロ溶接が可能なレーザーヘッドを開発 2018年08月21日
  • 東大,フェムト秒レーザーのガラス加工速度を5000倍に 2018年08月07日
  • レーザー加工技術特許注目企業,1位は浜松ホトニクス 2018年07月30日
  • 原研,状況により適切なレーザー溶断・破砕が可能な技術を開発 2018年06月18日
  • コヒレント,小型半導体レーザー4kWモデルを発売 2018年06月12日
  • 産総研,レーザーで高アスペクト比・高品位加工を実現 2018年06月01日