三菱電機,新型モービルマッピングシステムを発売

三菱電機は,自動運転に用いる3次元地図作成やインフラ管理などで活用される高精度3次元移動計測装置である三菱モービルマッピングシステム(MMS)の新製品として,小型・軽量化により輸送や着脱が容易で,自動車,鉄道,船舶や台車などを用いた多くの計測用途に活用できる「MMS-G」を12月25日に発売する(ニュースリリース)。

近年,自動運転の実用化に向けてMMSを用いた高精度3次元地図の作成が急速に普及している。同社従来品は車両固定式が主流で,計測地点へのフレキシブルな輸送や計測への対応 が課題だった。また計測データのセキュリティー上,作業後に取り外して保管する必要があり,小型・軽量で,少人数での設置が可能なMMSの製品化が求められていた。

この新製品の特長は3つ。1つ目はGNSSアンテナを3本から1本に集約するなど小型化を図り,約50%の軽量化を実現・本体を2つに分割できる構造により,輸送の容易化と少人数での着脱が可能。専用車両が不要で,自動車,鉄道,船舶や台車などに搭載し,多くの計測用途に対応する。

2つ目は衛星信号を受信できないトンネルでも,慣性航法装置や車速センサーにより計測可能。さらに高感度カメラを搭載し,夜間でも計測ができる。多くの場面で高精度な計測を実現し,3次元地図作成やインフラ管理に貢献する。

3つ目は独自の計測制御ソフトウエアにより,複雑な設定なしに計測可能。計測中の誤差の増減がリアルタイムに確認でき,効率的な計測を実現する。また付属の後処理ソフトウエアにより,三次元レーザー点群の出力などの計測後のデータ処理が容易なため,専門作業者を必要とせず,簡単に計測が可能という。

同社は今後,測量やインフラ管理の需要が見込まれる欧州・北米・アジア・オセアニアなどの海外市場への展開を目指す。特に欧米では,自動車の自動運転システムの実証が進められており,その基盤となる高精度3次元地図を整備するため,MMSの需要増加が見込まれるという。また,国内においては,測量や自動運転分野だけでなく,鉄道での計測,船舶による護岸計測,台車による計測などへの適用により,事業拡大を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • ALANコンソーシアム,新たなプロジェクトを発表 2019年02月21日
  • 三菱電機,悪天候対応の車載センシング技術を開発 2019年02月19日
  • 国土交通省ら,陸上・水中レーザードローンを開発 2019年02月04日
  • 市大,視覚障がい者向け杖装置を検証 2019年01月30日
  • Cepton,自動車向けLiDAR 2種を発表 2019年01月09日
  • 2018年,自動車向けLiDAR出荷数は1万個 2019年01月08日
  • 三井不動産ら, 自動搬送システムの開発に着手 2018年12月27日
  • パイオニアと海洋大,LiDARを活用した船舶の共同研究 2018年12月26日