日板,アルゼンチンでフロートガラス工場を増設

日本板硝子は,アルゼンチン(ブエノスアイレス州エクサルタシオン・デ・ラ・クルス)でのフロートガラス工場増設を決定した(ニュースリリース)。

同社既存の配送センター近くに建設予定の新工場は,アルゼンチンの合弁子会社VidrieriaArgentinaS.A.(VASA)が運営する2基目のフロートラインとなる。

今回の投資決定は,増大が見込まれるアルゼンチンの建築用と自動車用ガラスの需要に対応するもの。2020年初めに稼働開始予定の新工場は,市場の拡大が続くパラグアイ,ウルグアイおよびボリビアへの供給も計画している。

その他関連ニュース

  • オハラの低膨張ガラス,人工衛星のミラー材料に採用 2019年01月30日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日
  • 東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工 2018年12月21日
  • AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用 2018年12月19日
  • 浜ホト,新棟建設で電子管事業の研究開発を強化 2018年12月12日
  • 阪大,コロイド粒子の流動化が阻止される現象を発見 2018年12月10日
  • 東海光学,真福寺事業所を拡大 2018年12月06日
  • 出光興産,中国に有機EL材料工場を建設 2018年12月05日