岡野電線,UL対応高屈曲極細径LANケーブルを発売

岡野電線は,業界初となる繰り返し曲げに耐えられる細径の産業用LANケーブルを開発し,販売を開始した(製品ページ)。

古河電工の特殊導体を用い,UL認証取得と現行タイプの1.5倍の高屈曲化を達成している。近年,製造設備の自動化,高機能化が進み,産業用ロボットの分野では,過酷な環境下で小スペースな配線に耐えられる産業用LANケーブルの要求が高まっている。

この製品は,従来と同じ外径4.0mmでありながら90度の屈曲試験1,500万回以上(従来比1.5倍)に耐え,2重シールド構造で耐ノイズ性を高めながら細くて軽く可とう性にも優れ,過酷な環境下で使用される産業用ロボット等のLANケーブルに適している。

その他関連ニュース

  • 玉川大,1,000kmのY-00暗号通信に成功 2019年05月10日
  • フジクラ,200µmファイバー実装の光ケーブルを拡充 2019年04月11日
  • フルーク,最速のコネクター端面検査スコープを発売 2019年03月13日
  • 古河電工,ラマン増幅用の励起光源技術を開発 2019年03月06日
  • NII,100Gb/s地球一周学術通信回線網を構築 2019年03月05日
  • 古河電工,光ファイバー融着接続機の新シリーズ発売 2019年02月05日
  • クラレ,テレスコープアレイ実験で東大より表彰 2019年01月08日
  • NIIら,1波600Gb/s光伝送と587Gb/sのデータ転送に成功 2018年12月12日