岡野電線,UL対応高屈曲極細径LANケーブルを発売

岡野電線は,業界初となる繰り返し曲げに耐えられる細径の産業用LANケーブルを開発し,販売を開始した(製品ページ)。

古河電工の特殊導体を用い,UL認証取得と現行タイプの1.5倍の高屈曲化を達成している。近年,製造設備の自動化,高機能化が進み,産業用ロボットの分野では,過酷な環境下で小スペースな配線に耐えられる産業用LANケーブルの要求が高まっている。

この製品は,従来と同じ外径4.0mmでありながら90度の屈曲試験1,500万回以上(従来比1.5倍)に耐え,2重シールド構造で耐ノイズ性を高めながら細くて軽く可とう性にも優れ,過酷な環境下で使用される産業用ロボット等のLANケーブルに適している。

新着記事

  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日
  • 2025年デジタル・デバイス市場,32.8%増の7168億円 2019年04月18日