横河計測,短波長対応光センサヘッドを発売

横河計測は,光通信関連機器用マルチアプリケーションテストシステムAQ2200シリーズの新ラインナップとして,高確度で高安定に光パワーを測定できる光センサヘッド「AQ2200-242」の発売を開始した(ニュースリリース)。

今年1月に発売した光センサヘッド「AQ2200-232」の短波長帯対応モデルで,光トランシーバや光ファイバなど光部品の生産ラインにおける試験・検査システムに適している。

シンプルな光学系,受光素子の恒温制御などにより,環境依存度を抑え,パワー測定時の不確かさ性能は業界最高クラスの±2.5%。400~1100nmの波長の光パワー校正が可能となる。5.8×5.8ミリメートルの受光素子を搭載し,手元での空間光の測定を可能としている。価格は115万円~。

その他関連ニュース

  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • 東大ら,多色高感度Ca2+センサーを開発 2019年05月10日
  • 阪大ら,レーザー誘起蛍光法でビールの泡模様を解明 2019年04月12日
  • NSG,モバイルリアルタイムPCR装置を発売 2019年04月11日
  • NECら,測量写真から点群データを生成 2019年04月03日
  • 京大ら,軟X線分光器でベリリウムの化学状態分布を解析 2019年04月01日
  • キヤノンMJ,光学式三次元表面プロファイラーを発売 2019年04月01日
  • 三菱電機のインフラモニタリングシステム,小田急が採用 2019年03月26日