SEMI,シリコンウエハ出荷面積は2021年まで増加と発表

SEMIは,2018年10月16日(現地時間),半導体向けシリコンウエハ出荷面積の年次予測を発表した(ニュースリリース)。

これによると,2018年は2017年に記録された過去最高の出荷面積を上回り,以降2021年まで毎年記録を更新し続けるという。

2018年~2021年のシリコンウエハの需要量を見通しするこの予測は,ポリッシュドウェーハおよびエピタキシャルウェーハの合計出荷面積が,2018年は124億4,500万平方インチ,2019年は130億9,000万平方インチ,2020年は134億4,000万平方インチ,2021年は137億7,800万平方インチとなることを示している。

SEMIによると,メモリーおよびファウンドリーの新規ファブ計画が次々と発表されており,シリコン出荷面積は2019年から2021年にかけて好調を持続すると見込まれる。シリコン需要は,モバイル,高性能コンピューティング,自動車,IoTアプリケーション分野における半導体の使用量増加に伴い,今後も成長を続けるとしている。

今回用いている数値は,ウエハメーカーよりエンドユーザーに出荷された,バージンテストウエハ,エピウエハを含むポリッシュドウエハを集計したもの。ノンポリッシュドウエハおよび再生ウエハのデータは含まれていない。

 2018年半導体用シリコンウエハ出荷面積予測 

  実績 予測
2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
シリコンウェーハ面積(100万平方インチ) 10,577 11,617 12,445 13,090 13,440 13,778
年成長率 3.0% 9.8% 7.1% 5.2% 2.7% 2.5%

出所: SEMI,2018年10月

その他関連ニュース

  • NEC,半導体チップの耐放射線性を宇宙で実験 2019年01月22日
  • 産総研と東大,AIチップ開発拠点を設立 2018年12月28日
  • ToFセンサー市場,2025年に1,028億円に 2018年12月25日
  • 電子情報産業の世界生産額,過去最高を更新 2018年12月19日
  • 半導体製造装置市場,2019年に縮小も2020年は過去最高に 2018年12月12日
  • ウシオ電機,半導体向け小型エキシマ光源を開発 2018年12月05日
  • SEMI,Q3/2018の半導体製造装置出荷額は158億ドルと発表 2018年12月05日
  • SEMI,Q3/2018のシリコンウェハ出荷面積が過去最高と発表 2018年11月08日