【CEATEC2018】NeU,ウェアラブルNIRSを発売

東北大学と日立ハイテクノロジーズが設立した光トポグラフィ(NIRS)による脳科学ベンチャーNeU(ニュー)は,同社が開発した世界最小・最軽量の脳活動計測装置「XB-01」を開発,アプリケーションと共にCEATECにてデモを行なっている。

同社は脳科学向けにNIRSを開発してきた日立ハイテクノロジーズと東北大学教授で加齢医学研究所所長の川島隆太氏が,JSTの産学連携プロジェクトを通じて2017年8月に起業した。

ヘッドバンドで固定した装置(右)と2台のセンサーを搭載した研究用装置(左)

「XB-01」は日立ハイテクノロジーズが開発してきたNIRSをウェアラブル向けに簡略したデバイスで,バッテリーと近赤外線LED,2つのフォトダイオードから構成されている。重量は30gと小型軽量なため,額にヘッドバンドで固定することで前頭葉の血流の増減を測定する。

前頭葉の血流により脳活動の上昇下降を計測できるので,計測データを専用アプリをインストールしたスマートフォンに送信することでリアルタイムに脳活動を可視化できる。

販売は本体とアプリケーションの組合せの他,川島氏が開発した認知機能トレーニング「脳トレ」の評価装置として「脳を計りながら鍛える」サービスの展開も予定している。

同社ではこのデバイスを脳のトレーニングのほか,集中力を上げて効率的な学習を行なったり,自分の脳活動をコントロールすることで日々の精神的ストレスの軽減などにも役立てることができるとしている。

その他関連ニュース

  • 理研,光を使った脳神経回路のトレースに成功 2019年05月23日
  • 理研ら,光血栓法で脳損傷を軽減する仕組みを解明 2019年05月22日
  • 阪大ら,ワイヤレスな脳活動計測技術を開発 2019年05月17日
  • 中大ら,光トポグラフィーでADHD患者のASD併発を診断 2019年02月08日
  • 筑波大ら,ラクトトリペプチドの脳活性化効果を赤外線で解明 2019年01月21日
  • 畿央大,感覚運動と時間的不一致における神経メカニズムを解明 2018年11月26日
  • 九大ら,神経細胞を明るくカラフルに染めることに成功 2018年11月21日
  • NICTら,立体視力をつかさどる神経線維束を解明 2018年11月20日