ソニー,複数接続可能なCMOSセンサーを発売

ソニーは世界で初めて,1つのMIPI(Mobile Industry Processor Interface)入力ポートに対して,独自のデータ送信技術により複数接続を可能とするインターフェースを搭載した,センシング向けグローバルシャッター機能搭載CMOSイメージセンサー「IMX418」を商品化した(ニュースリリース)。

同一配線上に接続された複数のイメージセンサーを同時露光して撮影したデータを,1つのMIPI入力ポートへ転送するインターフェースを搭載したことにより,複数のイメージセンサーを機器に搭載しても,配線数を削減できるだけでなく,APのMIPI入力ポート数以上のイメージセンサーを接続することが可能となる。

また,各イメージセンサーで撮影したデータのAPへの転送方法は,APでのデータ処理方法に応じて,フレーム毎かライン毎を選択することが可能。このインターフェースは,MIPI規格に準拠したデータ送信が可能で,既存のアプリケーションプロセッサーで受信できる。

さらに,主に産業機器向けに市場導入しているフォーカルプレーン歪みの無いグローバルシャッター機能を搭載したCMOSイメージセンサーと比べて,低電圧で駆動することにより低消費電力化し,移動体向けのグローバルシャッター機能を実現した。

同社はこの製品で,イメージセンサーから取得した情報を元に,自己位置推定と環境地図作成を同時に行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)や障害物検知を使用する,ヘッドマウントディスプレイ,ドローン,自律走行ロボットなど,複数のイメージセンサーの搭載が想定される機器での採用を見込んでいる。

この製品のサンプル出荷時期は2018年10月で,サンプル価格は1,500円(チップ),2,000円(チップサイズパッケージ)(税抜き)となっている。

その他関連ニュース

  • ams,中国企業と3D NIRセンサーで提携 2019年07月18日
  • Basler,医療・ライフサイエンス向けカメラを拡充 2019年07月11日
  • 住友化学,仏企業と有機光ダイオードで提携 2019年07月02日
  • オンセミ,LiDAR用センサーを発表 2019年06月22日
  • タムロン,グローバルシャッター搭載カメラを発売 2019年06月17日
  • 浜ホト,2.55µm対応InGaAsエリアセンサーを開発 2019年06月10日
  • キヤノンMJ,500Mモノクロカメラを発売 2019年06月06日
  • 東工大ら,シンプルなカオス信号生成回路を実現 2019年06月05日