⽇板,太陽電池パネル⽤ガラスの⽶⼯場増設地を決定

⽇本板硝⼦は,⽶国で増設する新⼯場の建設地を決定したと発表した(ニュースリリース)。

新⼯場は,今年5⽉に発表した太陽電池パネル⽤の透明導電膜(TCO)ガラスの増産計画を推進するもの。総⾯積約4.64haの新⼯場は,同社が⻑期供給契約を締結したファーストソーラー社の⼯場近くのオハイオ州トロイ地区に建設され,着⼯は2019年春,操業開始は2020年後半を予定している。

新⼯場の⽤地選定に関しては,州と地元⾃治体がインセンティブプランを審査中。⽶国で同社が新設するフロートガラス⼯場としては1980年以降では初めてとなり,現地で125〜150⼈の雇⽤創出を⾒込んでいる。

その他関連ニュース

  • 山形大,ペロブスカイト太陽電池で変換効率20%超 2019年05月24日
  • AGC,ガラスに挟んだ両⾯ディスプレーを発売 2019年05月24日
  • AGC,高精細・大画面ディスプレーガラス基板を開発 2019年05月24日
  • 京セラとBYD,太陽光発電とEVで「需給一体型」協業 2019年05月23日
  • 日板,米企業と太陽光発電窓ガラスを開発へ 2019年05月21日
  • コーニング,PCや8Kテレビ向けガラス基板を発表 2019年05月16日
  • コーニング,AR用300mm高屈折率ガラスウエハーを発表 2019年05月15日
  • パナ,太陽電池事業で中国メーカーと協業へ 2019年05月15日