⽇板,太陽電池パネル⽤ガラスの⽶⼯場増設地を決定

⽇本板硝⼦は,⽶国で増設する新⼯場の建設地を決定したと発表した(ニュースリリース)。

新⼯場は,今年5⽉に発表した太陽電池パネル⽤の透明導電膜(TCO)ガラスの増産計画を推進するもの。総⾯積約4.64haの新⼯場は,同社が⻑期供給契約を締結したファーストソーラー社の⼯場近くのオハイオ州トロイ地区に建設され,着⼯は2019年春,操業開始は2020年後半を予定している。

新⼯場の⽤地選定に関しては,州と地元⾃治体がインセンティブプランを審査中。⽶国で同社が新設するフロートガラス⼯場としては1980年以降では初めてとなり,現地で125〜150⼈の雇⽤創出を⾒込んでいる。

その他関連ニュース

  • 東芝,Cu2O太陽電池の透明化に成功 2019年01月21日
  • NEDOら,CIS系太陽電池で変換効率を更新 2019年01月17日
  • 花王ら,液相法による中間バンド型太陽電池の作製に成功 2019年01月15日
  • 和歌山工技センター,アップコンフィルムを開発 2019年01月10日
  • アマダ,レーザー発振器等の基幹モジュール工場を新設 2018年12月27日
  • 名大,太陽電池の高性能化材料を開発 2018年12月26日
  • 東洋紡子会社,ディスプレー向けフレキシブル基板工場が竣工 2018年12月21日
  • AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用 2018年12月19日