QDレーザ,網膜走査型レーザアイウェアの店頭受注を開始

QDレーザは,網膜走査型レーザーアイウェア「RETISSADisplay」の店頭受注を開始した(ニュースリリース)。

この製品は、三原色レーザ光源からの微弱な光と高速振動する微小な鏡(MEMSミラー)を組み合わせ,網膜上に映像を描き出す特許技術である「VISIRIUMテクノロジ」を採用したヘッドマウントディスプレー。

眼鏡型のフレームに内蔵された超小型プロジェクターから,片眼の視野中心部(水平視野角約26度、アスペクト比16:9)に,HDMI 端子で接続できる機器からのデジタル映像を網膜に直接投影することができる。

装着者の視力(ピント調節機能)やピント位置に影響を受けにくく,また背景と投影映像のピントずれがない,新たなAR(拡張現実)体験が可能となるという。

同製品の店頭受注は10月25日から,全国30拠点にて(一部店舗は12月より)開始する。各店舗にデモ機を設置し,購入前に体験できる。注文製品の引渡しは12月以降の見込み。

その他関連ニュース

  • 金工大,VR型チェアスキー・シミュレータを開発 2019年02月12日
  • DNP,能・狂言公演に観劇用ARガイドを提供 2019年02月12日
  • JR九州とドコモ,車窓に情報表示するサービスで協業 2019年01月30日
  • 横国大ら,新生児用ウェアラブル黄疸センサーを開発 2019年01月29日
  • コーニング,ウェーブオプティクスとAR向け光学部品をデモ 2019年01月16日
  • Maxim,ウェアラブル光学測定用PMICを発売 2019年01月10日
  • 畿央大,閾値下の刺激が視覚-運動統合を向上すると解明 2018年12月25日
  • 阪大,様々な材料に貼り付け可能な機能性酸化物を作製 2018年12月21日