オリンパス,AIのエルピクセルに出資

オリンパスは,東京大学発のベンチャー企業であるエルピクセルの第三者割当増資を引受けることで合意し,エルピクセルとの間で株式引受に関する契約を締結した(ニュースリリース)。

オリンパスは,AI・IoT分野を戦略的注力領域にあげ,医療領域と科学領域において,その関連製品・サービスを提供することに注力してきた。

エルピクセルは,ライフサイエンス領域の画像解析ソフトウェア・システムに強みを持つ東京大学発ベンチャー企業として,医療画像診断支援技術の研究開発に注力しており,これまでにもオリンパスの内視鏡/顕微鏡画像診断支援のAI技術開発において,両社による共同研究を進めてきた。

エルピクセルが,ソフトウェア・システムの開発・製品化を加速させるべく第三者割当増資を検討する一方で,オリンパスは,エルピクセルのAI技術は同社の事業領域に親和性が高く,両社の保有する膨大な画像情報を活用することにより,オリンパス製品のAI技術開発を強化することが可能と判断した。

今回の第三者割当による新たな出資に伴い,両社は,今後の業務提携も視野に入れ,新たな協力体制についても協議を進めていく。また両社は、早期にAI支援製品を導入することにより、医療、科学領域において効率的な画像診断支援に貢献していくとしている。

その他関連ニュース

  • 日本ライフライン,内視鏡アブレーションシステムを発売 2018年11月12日
  • パナら,AI自動操縦ロボット掃除機を開発 2018年11月01日
  • 東大ら,カプセル内視鏡画像診断支援AIを開発 2018年10月29日
  • 名工大,ロドプシンの吸収波長を予測するAIを開発 2018年10月24日
  • NTT Comら,ドライブレコーダーのAI自動検知を開発 2018年10月17日
  • NTTドコモ・ベンチャーズ,QDレーザへ出資 2018年10月16日
  • NTT西ら,植物工場のAI・IoTで共同実験を開始 2018年10月16日
  • 理研ら,AIによる細胞内1分子自動観察システムを開発 2018年09月27日