オンセミ,ディスプレー検査向け50MP CCDを発表

オン・セミコンダクターは,50MP解像度の新しい電荷結合素子(CCD)イメージセンサー「KAI-50140」を発表した(ニュースリリース)。

この製品は,スマートフォンのディスプレーの検査の効率化を狙ったもの。市場で販売されているインターライン転送CCDイメージセンサーの最大の解像度を有しており,スマートフォンのディスプレー検査だけでなく,回路基板や機械組み立ての検査,および空中監視にも必要となる,高い解像度と画像均一性が特長という。

同製品は,最新のスマートフォンのフォーマットに合うように,2.18対1のアスペクト比に設計されており,ディスプレー全体を検査するために必要な,画像キャプチャの回数を削減する。

同製品で使用されるインターライン転送CCDの4.5µmピクセルは,画像性能を維持しながら,グローバルシャッターにより高い解像度を提供する。柔軟性のある1,2,または4出力の読み出しアーキテクチャーにより,最大4fpsのフレームレートをサポートする。

また,採用実績が高い29MPの「KAI-29050」と「KAI-29052」,および43MPの「KAI-43140」イメージセンサー製品とパッケージピンの互換性を持っている。これによりこの製品は既存カメラの設計に小さな変更を加えるだけで対応でき,新デバイス適用製品の市場投入の時間を短縮できるとする。

同製品は現在サンプル出荷中で,量産は2018年末までに開始する予定。モノクロおよびベイヤーカラーの両コンフィギュレーションで,セラミックPGAパッケージで提供するとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,LiDAR用センサーを発表 2019年06月22日
  • 浜ホト,2.55µm対応InGaAsエリアセンサーを開発 2019年06月10日
  • 富士フイルム,1億2百万画素センサー搭載カメラを発売 2019年05月29日
  • 富士フイルム,独自配列のセンサーで発明表彰受賞 2019年05月27日
  • オムニビジョン,フリッカを抑えたHDRセンサなど発表 2019年05月23日
  • 2030年車載イメージセンサー市場,2,513億円に 2019年05月22日
  • 東芝,5340×3ラインのCCDイメージセンサー発売 2019年05月10日
  • 東大,超広視野カメラでファーストライトを取得 2019年04月26日