日亜と蘭Qwestland,植物育成用LEDで協力

日亜化学工業は,蘭Qwestland Internationalと共同で,植物育成用LEDとその応用製品の開発と普及を目的とした実証実験を開始したと発表した(ニュースリリース)。

グリーンハウス分野で最先端を走るオランダにて蓄積された植物育成環境制御の知見を基礎に,同社の強みの「独自の蛍光体技術活用による特殊スペクトル」に更に磨きをかけるという。

またこれを通じて,世界が直面すると予想されている地球温暖化と食糧安定確保の問題の解決にも貢献していきたいとしている。

その他関連ニュース

  • マツダ,ALHで経済産業大臣賞を受賞 2019年01月21日
  • ウシオ,出力160mWのブロードバンドLEDを開発 2019年01月16日
  • 三菱マテ,車載LED向け高放熱性基板を開発 2019年01月09日
  • オーテックス,LED波長可変照明の取り扱いを開始 2018年12月21日
  • 凸版印刷,情報を表示する壁材を開発 2018年12月19日
  • 徳島大ら,紫外LEDがインフルエンザ不活化に有効と証明 2018年12月13日
  • DNP,植物工場用フレキシブルLED照明シートを発売 2018年12月11日
  • 2017年車載用ディスプレー市場,前年比106.8%の1億4,868万枚 2018年12月10日