日亜と蘭Qwestland,植物育成用LEDで協力

日亜化学工業は,蘭Qwestland Internationalと共同で,植物育成用LEDとその応用製品の開発と普及を目的とした実証実験を開始したと発表した(ニュースリリース)。

グリーンハウス分野で最先端を走るオランダにて蓄積された植物育成環境制御の知見を基礎に,同社の強みの「独自の蛍光体技術活用による特殊スペクトル」に更に磨きをかけるという。

またこれを通じて,世界が直面すると予想されている地球温暖化と食糧安定確保の問題の解決にも貢献していきたいとしている。

その他関連ニュース

  • ブイテク,フレキシブルマイクロLED用製造装置を受注 2018年11月16日
  • 【光フェア】クォークテクノロジー,深紫外LED/エキシマ照射装置を紹介 2018年11月14日
  • 2020年次世代植物工場市場,2017年比4.6倍の165億円超に 2018年11月01日
  • 徳島文理大,トマト収量を2倍にするLEDライトを開発 2018年10月26日
  • シーシーエス,仏LED照明メーカーを子会社化 2018年10月25日
  • 2022年度国内植物工場市場,277億円に 2018年10月25日
  • パナ,水銀ランプ終了でLED照明器具の営業を強化 2018年10月17日
  • NTT西ら,植物工場のAI・IoTで共同実験を開始 2018年10月16日