【光フェア】AGC,赤外線レンズ・コートを紹介

AGCは「光とレーザーの科学技術フェア2018」にてカルコゲナイドガラスレンズと開発品のDLCコートを展示している(ブースNo.F-13 展示会HP)。

赤外線レンズは素材として主にゲルマニウム(Ge)が用いられてきているが,価格が高いという問題がある。今回同社が展示するカルコゲナイドガラスレンズはGeよりも安価ながら,Geよりも温度変化による屈折率変化が少なく,Geと同等の透過波長域を持つなどの特長がある。

同社が長年培ったガラス成形技術を活かしてプレス成型により製造しているもので,素材にはベルギー ユミコアのGASIR1を使用しており,通常のデジタルカメラのレンズ同等の精度での成形が可能。また回折形状にも対応できる。

一方,カルコゲナイドガラスは機械的強度が低いため,そのまま赤外線カメラなどに用いるとハウジングが必要になるなどの問題があるが,今回同社はカルコゲナイドガラスレンズをキズから守るDLCコートも開発品として出展している。

これにより耐湿性(TH49±2℃,95~100%RH下にて72h),密着性(セロファンテープにて引き剥がし),耐摩耗性(消しゴムにて,2.0~2.5lbsの力にて20ストローク摩耗)についてMIL規格(MIL‐C‐48497A)をクリアしており,分光特性も顧客の要望に合わせることが可能だとしている。

その他関連ニュース

  • 三菱ガス化学,折率1.68のポリレンズ材を発売 2019年09月18日
  • 東北大,半導体原子シートの合成法を発見 2019年09月11日
  • 東北大ら,赤外線カメラで木星嵐を3次元観測 2019年09月05日
  • NIMS,高波長分解能/指向性の赤外線センサーを開発 2019年08月27日
  • 日本電気硝子,プレス成形可能な赤外線ガラスを開発 2019年07月18日
  • 東工大,究極の対物レンズの設計に成功 2019年07月17日
  • 三菱ガス化学,増産に伴いプラレンズ廃材を再生 2019年07月10日
  • エドモンド,λ/40RMSの非球面レンズを販売 2019年07月02日