【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案

京セラは「光とレーザーの科学技術フェア2018」にて,従来のTO-CANパッケージよりも高い放熱特性を持つ表面実装レーザー用パッケージを参考出展している(ブースNo.F-13 展示会HP)。

一般的なTO-CANパッケージは量産性に優れておりディファクトスタンダードとして定着しているが,一方で放熱経路が限られていることから,ハイパワーのLDを搭載するのには向いておらず,対応する出力は~3W程度にとどまっていた。

今回同社が開発したパッケージは,AlN,もしくはアルミナとCuベースを組み合わせたパッケージ内に,AuSn薄膜を用いた高放熱サブマウント上に設置したLDからのレーザー光をミラーを用いて垂直方向に出射する構造。

このパッケージによる表面実装化により小型化/高放熱化の両立が可能となっている。具体的には同出力において1/2の小型が可能になるという。同社ではこのパッケージについて組み立て精度を高めるなどして自動車用HUDやLiDARなど様々なアプリケーションにそのアドバンテージを訴求し,今後TO-CANパッケージを代替するLDパッケージの標準としたい考えだ。

新着記事

  • KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化
    KEKら,機械学習でX線吸収スペクトル解析を自動化 2019年04月19日
  • 浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発
    浜ホト,世界最高出力産業用パルスレーザーを開発 2019年04月19日
  • 東北大ら,高温・大気中で安定なn型混合導電体を開発 2019年04月19日
  • JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始
    JSTとAMED,2019年度の目標決定と課題の公募を開始 2019年04月19日
  • 阪大,セルロースの固有複屈折を解明 2019年04月18日
  • 住友化学,米企業と光学フィルムなどを開発 2019年04月18日
  • 技科大ら,光合成に黄緑色光を使うための光スイッチを発見 2019年04月18日
  • 2025年デジタル・デバイス市場,32.8%増の7168億円 2019年04月18日