神大ら,222nm照射で皮膚障害なく殺菌に成功

神戸大学とウシオ電機は,世界で初めて500mJ/㎝2の222nmUVC紫外線を人体正常皮膚に直接照射し,急性障害である紅斑の発生なく,常在菌を殺菌することに成功した(ニュースリリース)。

従来,多剤耐性の殺菌においては,UVC紫外線のうち主に254nmが用いられてきたが,人体に直接照射すると10mJ/cm2程度で皮膚の急性傷害の指標となる,皮膚が赤くなる日焼け反応(紅斑)が現れるため,人体への直接照射は難しいとされてきた。

しかし,今回照射した222nm(開発名:SafeZone UVC®)の場合,500mJ/cm2という高い照射量でも皮膚に急性障害が発生しないことが臨床試験で確認され,医療および非医療分野における紫外線殺菌・消毒の応用に大きな可能性があることが示されたという。

今回の研究は狭帯域スペクトル紫外線技術を活用している。20名の健常者ボランティアの背中部10mm×10mm領域に対し,222nm照射装置を用いて,各50,100,200,300,400,500mJ/cm2照射し,24時間後に紅斑の有無を確認した。その結果,20名全員において紅斑が確認されなかった。

その後,同背中部40mm×40mmに対し,500mJ/cm2を照射し,照射前,5分後,30分後のそれぞれで皮膚常在菌の数を測定(スワブ面積は20mm×40mm)した結果,照射前,照射5分後,30分でそれぞれ,7.21個,0.05個,0.79個と殺菌効果が確認された。

今回研究グループが開発した222nm照射装置は,KrCl(ピーク波長222nm)エキシマランプを用いて細菌を貫通し死滅させることができるが,危険な230nm以上の波長を特殊フィルターでカットすることにより,細胞レベルではヒト細胞核まで,組織レベルでは皮膚の角質に吸収され,表皮細胞まで到達することがない。

そのため,従来の紫外線ランプの殺菌作用のメリットは維持しつつ,従来の紫外線よりもヒト細胞の生物学的損傷が劇的に少ないことが判明したとしている。

その他関連ニュース

  • 日板,米企業と太陽光発電窓ガラスを開発へ 2019年05月21日
  • ウシオ,輪転印刷機用UV-LED乾燥装置を発売 2019年04月15日
  • 産総研ら,紫外線照射による5G向け異種材接合に成功 2019年03月13日
  • 東北大ら,深紫外発光素子の高効率動作構造を解明 2019年02月01日
  • 熊本大,「不知火菊」にしみ抑制効果を発見 2019年01月31日
  • 紫光技研,毎分20リッターの紫外線流水殺菌装置を開発 2019年01月30日
  • 産総研ら,紫外線を反射するトンボのワックスを再現 2019年01月16日
  • 産総研ら, 天然由来のUVカット透湿フィルムを開発 2018年12月20日