富士フイルム子会社,レーザー直接描画装置を導入

マスクレスリソグラフィーシステムを製造する独ハイデルベルグ・インストルメンツは,レーザー直接描画装置「DWL 66+」を富士フイルムメディアクレストに納入したと発表した(ニュースリリース)。

富士フイルムメディアクレストは,富士フイルムグループや一般企業・大学などに微細加工製品(原盤,複製型,試作及び量産)を提供しており,今回納入した製品は,同社が受託する様々な微細形状の加工に使用される。これまでの手法を補完しつつ更なる微細化,立体構造化や短納期の要求に応えるために導入されるという。

この装置は200以上の研究機関と一般企業に導入されている主要なリソグラフィー装置で,今回導入されるシステムにはアドレスグリッド5nmを使用して最小線幅300nmの描画を可能とするオプションが搭載されており,研究開発市場セグメントで競争力のあるレーザーリソグラフィー製品を上回る性能を実現しているとする。

また,高度なグレースケール機能を搭載し,マイクロ光学部品,バイオデバイス,その他グレースケールアプリケーションで使用される複雑なトポグラフィを作成する。このシステムはレンズや球面基板に直接描画できるオプションを備えた,日本の顧客に納入される初めての装置となるという。

その他関連ニュース

  • ギガフォトン,新型ArFドライ光源を出荷 2019年09月19日
  • ウシオ,EUV光源事業をブランド化 2019年09月10日
  • EV Group,新マスクレス露光技術を発表 2019年08月22日
  • ウシオのEUV光源,量産プロセス向けに初検収 2019年07月17日
  • 三井化学,ASMLとEUVパーツでライセンス契約 2019年06月04日
  • ウシオ,CNF透明シート上へ微細パターニングに成功 2019年05月21日
  • ギガフォトン鈴木氏ら,SPIEフェローに選出 2019年02月13日
  • SCREEN,プリント基板用高精細直接描画装置を開発 2018年06月05日