光響,UVレーザーマーカーキットを発売

光響は,Ndレーザーを光源として用いた「UVレーザーマーカーキット」の販売を開始した(ニュースリリース)。価格は298万円(税抜)。

この製品は,レーザー発振器,ガルバノスキャナーミラー,fθレンズ,マーキングソフトで構成されるシンプルな設計で,主な用途として,無機系素材に対するマーキング使用を想定する。構造を単純化することでUVレーザーマーカーとしては競争力あるの低価格を実現した。家庭用コンセント(AC100V)で稼働し,ランニングコストは電気代のみでマーキングが可能という。

発売中の「ファイバーレーザーマーカーキット」の姉妹品の位置付けとして設計・開発されたもので,短波長レーザーを光源として用いることで素材への熱損傷を抑え,より高品質な微細マーキングを実現している。試作品の製造・開発の他,小ロット量産にも利用可能だとしている。

その他関連ニュース

  • 大陽日酸,ファイバーレーザー用ガス供給機を開発 2019年07月23日
  • 光響,3Dガラス内部レーザー加工機を発売 2019年07月08日
  • コーニング,3Dガラスカットシステムを発表 2019年07月05日
  • コヒレント,加工用ヘッドと樹脂レーザー加工機を発表 2019年07月03日
  • 日本アビオ,ファイバーレーザー溶接システム発売 2019年06月19日
  • アストロン,4軸パイプ切断加工ヘッドを発売 2019年06月04日
  • アマダ,軌跡ビームコントロール搭載レーザー加工機を公開
    アマダ,軌跡ビームコントロール搭載レーザー加工機を公開 2019年05月23日
  • ニコン,マルチレーザー金属加工機を発売 2019年04月11日