富士通フロンテック,組込み型小型静脈センサーを発売

富士通フロンテックは,機器組込み向けの小型センサー「FUJITSU 生体認証 PalmSecure FT(パームセキュア エフティー)センサー」を,機器組込み向け手のひら静脈認証装置の製品ラインナップに加え,11月29日に発売した(ニュースリリース)。

この製品は,従来の同社機器組込み向けセンサーの普及版として,体積を約48%,重さを約50%減らし,さらなる小型化・軽量化を図ったもの。具体的には,サイズ(mm):25.0(W)×25.0(D)×7.5(H),重量:本体約5gとなった。これにより,薄型の機器に搭載しやすくなるなど,手のひら静脈認証の活用の幅が広がるとする。

さらに,ID(ユーザ名)と静脈データとで判定する方式「1対1認証」に対応し,静脈データだけで判定する認証方式「1対N認証」に対応した前シリーズで登録した静脈テンプレートとの互換性も実現している。最少販売単位は1,000台。同社では今後5年間で,60億円の販売を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 富士通の静脈認証装置,国際規格FIDOに対応 2019年07月04日
  • NEC,生体認証・映像分析事業を強化 2019年06月21日
  • NEC,生後2時間の新生児の指紋認証に成功 2019年06月20日
  • 富士通の静脈認証,韓国の搭乗サービスに導入 2019年03月27日
  • ams,AI企業と3D光センシング技術で提携 2019年01月08日
  • 矢野経済,2017年の指紋センサー世界出荷数量を予測 2018年12月05日
  • NII,写真からの静脈画像復元防止技術を開発 2018年11月07日
  • 富士通の静脈認証装置,累計100万台を突破 2018年06月05日