デルタ電子,8Kレーザープロジェクターを発売

デルタ電子は,DLP方式のレーザープロジェクターでは世界初となる8K(7680×4320)の解像度を実現する「INSIGHT Laser 8K」の発売を開始した(ニュースリリース)。

最先端のディスプレー,電源,エネルギー管理 ソリューション技術と独自のアルゴリズムを採用し,33メガピクセル解像度のシームレスな画像を実現。デュアルレーザーの採用により25,000lm(ANSI)と高輝度及び長時間運用を可能とした,高精細な映像を再現できる。

パブリックビューイング,中継放送,プラネタリウム,製品設計シミュレーションなどの用途を想定。レーザー光源により定期メンテナンスを必要とせず長期に渡り活用できる。DMDは,3板式DarkChipTMを採用,独自のColorMax技術により精度の高い諧調表現を実現しているという。

その他関連ニュース

  • 阪大,影が映りこまないプロジェクションマッピングを開発 2018年11月15日
  • マクセル,同社ブランドのプロジェクターを発売 2018年10月30日
  • パナ,8K有機センサーカメラシステムを発売 2018年10月29日
  • JAMSTECら,深海用8Kカメラを開発 2018年10月26日
  • TEL,G10.5向けドライエッチング装置を発売 2018年10月24日
  • ソニー,家庭向け4Kレーザープロジェクターを発売 2018年10月09日
  • 富士フイルム、レンズが回転するプロジェクターで市場参入 2018年10月01日
  • キヤノン,超高輝度プロジェクター市場に参入 2018年08月08日