出光興産,中国に有機EL材料工場を建設

出光興産は,中国における有機EL材料のさらなる需要拡大に備え,中国成都市内に有機EL材料製造工場を建設する(ニュースリリース)。

近年,スマートフォンや大型テレビ等,多くの製品に有機ELディスプレーの採用が進んでいる。中国においては,政府が推進するディスプレー産業の振興政策を背景として,大手ディスプレーメーカー各社による有機ELディスプレー製造設備への投資が加速しており,今後,有機ELディスプレイ生産国として著しく成長する見込みという。

同社は,2007年静岡県御前崎市に,2012年韓国京幾道パジュ市に,有機EL材料工場の稼働を開始し,これまで主に韓国の顧客向けに材料を提供してきた。今回,中国顧客への材料安定供給のため中国内に有機EL材料の製造工場を建設する。この拠点は,日本,韓国に次ぐ同社第三の製造拠点となるという。商業生産開始は2019年度第4四半期を予定している。

その他関連ニュース

  • マクセル,高精細OLEDパネル用マスクを量産 2019年10月11日
  • 日本精機,HUD事業の開発拠点を拡張 2019年10月10日
  • 2023年車載ディスプレー出荷数,2億198万枚 2019年10月08日
  • トプコン,敷地面積2倍の光学部品工場用地を取得 2019年09月20日
  • 日本触媒ら,EL光源を水素結合で長寿命化 2019年09月18日
  • 九大ら,有機分子のスピン変換遷移状態を解明 2019年09月04日
  • コニカミノルタ,画像AI・IoTの連携と開発拠点を開業 2019年08月22日
  • 2018年の特殊粘接着・封止材市場,2017年比104.4% 2019年08月07日