ノヴァンタ・ジャパン,シンラッド社製品営業を本格化

米ノヴァンタの日本法人であるノヴァンタ・ジャパンは,グループ傘下のシンラッド社製封じ切りタイプのCO2レーザーの営業を本格化する(会社HP)。

シンラッド社製レーザーの国内販売はカンタムエレクトロニクスが行なってきたが,2018年9月27日にその商権契約が終了したことによるもので,ノヴァンタ・ジャパンの事業ユニットの一つとしてシンラッド事業部が設置された。

同社はガルバノスキャナーメーカーのケンブリッジテクノロジーもグループ傘下に収めている。これにより,シンラッドのレーザーとガルバノスキャナーを組み合わせたサブシステムとしての販売も視野に入れており,より付加価値の高い製品を提供していく考え。

封じ切りタイプのCO2レーザーは液晶フィルムやガラス切断・マーキング,ラベルシートの切断加工,プリント基板の穴あけ加工などでそのアプリケーションが広がっている。これら市場とともに,将来的な先進産業応用分野と医療・ヘルスケア分野への事業展開も見据え,体制についても技術サポートやアフターサービスの強化を図るとしている。

その他関連ニュース

  • フォトテクニカ,Grace Laser製ピコ秒レーザーの取扱いを開始 2019年01月21日
  • 量研ら,レーザーで高品質の陽子線を発生 2019年01月10日
  • 三菱電機,赤色高出力半導体レーザーを発売 2018年12月19日
  • NEDO,高輝度・高効率次世代レーザー技術開発の委託先決定
    NEDO,高輝度・高効率次世代レーザー技術開発の委託先決定 2018年12月19日
  • LCS2018,岡崎コンファレンスセンターで開催 2018年12月12日
  • 阪大レーザー研発,パワーレーザーが拓く産業応用へ 2018年11月14日
  • 【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案
    【光フェア】京セラ,レーザーのセラミックパッケージを提案 2018年11月13日
  • 浜ホト,小型の高出力・高繰り返しレーザーを開発 2018年10月23日