ノヴァンタ・ジャパン,シンラッド社製品営業を本格化

米ノヴァンタの日本法人であるノヴァンタ・ジャパンは,グループ傘下のシンラッド社製封じ切りタイプのCO2レーザーの営業を本格化する(会社HP)。

シンラッド社製レーザーの国内販売はカンタムエレクトロニクスが行なってきたが,2018年9月27日にその商権契約が終了したことによるもので,ノヴァンタ・ジャパンの事業ユニットの一つとしてシンラッド事業部が設置された。

同社はガルバノスキャナーメーカーのケンブリッジテクノロジーもグループ傘下に収めている。これにより,シンラッドのレーザーとガルバノスキャナーを組み合わせたサブシステムとしての販売も視野に入れており,より付加価値の高い製品を提供していく考え。

封じ切りタイプのCO2レーザーは液晶フィルムやガラス切断・マーキング,ラベルシートの切断加工,プリント基板の穴あけ加工などでそのアプリケーションが広がっている。これら市場とともに,将来的な先進産業応用分野と医療・ヘルスケア分野への事業展開も見据え,体制についても技術サポートやアフターサービスの強化を図るとしている。

その他関連ニュース

  • ローランド,CO2レーザー非接触式加工機を発売 2019年09月09日
  • santec,廉価版の波長可変光源を発表 2019年09月03日
  • 工繊,ビスマス含有半導体の高品質化に成功 2019年09月03日
  • マザック,小径パイプ用レーザー加工機を発売 2019年08月19日
  • オーテックス,Qスイッチピコ秒レーザーを発売 2019年07月30日
  • 北見工大ら,異方性セラミックスレーザー材料を開発 2019年07月30日
  • 阪大ら,高効率のレーザー駆動粒子加速を実現 2019年07月17日
  • 阪大,マイクロバブル爆縮をシミュレーション 2019年07月16日