ノヴァンタ・ジャパン,シンラッド社製品営業を本格化

米ノヴァンタの日本法人であるノヴァンタ・ジャパンは,グループ傘下のシンラッド社製封じ切りタイプのCO2レーザーの営業を本格化する(会社HP)。

シンラッド社製レーザーの国内販売はカンタムエレクトロニクスが行なってきたが,2018年9月27日にその商権契約が終了したことによるもので,ノヴァンタ・ジャパンの事業ユニットの一つとしてシンラッド事業部が設置された。

同社はガルバノスキャナーメーカーのケンブリッジテクノロジーもグループ傘下に収めている。これにより,シンラッドのレーザーとガルバノスキャナーを組み合わせたサブシステムとしての販売も視野に入れており,より付加価値の高い製品を提供していく考え。

封じ切りタイプのCO2レーザーは液晶フィルムやガラス切断・マーキング,ラベルシートの切断加工,プリント基板の穴あけ加工などでそのアプリケーションが広がっている。これら市場とともに,将来的な先進産業応用分野と医療・ヘルスケア分野への事業展開も見据え,体制についても技術サポートやアフターサービスの強化を図るとしている。

その他関連ニュース

  • 筑波大ら,高強度レーザーの金属破壊を直接観測 2019年05月24日
  • 東北大ら,高分子レーザー加工を3次元で動的に可視化 2019年05月24日
  • ams,LiDAR向けVCSELをIbeoとZFに提供 2019年05月22日
  • ソニー,カラーで描画と消去が繰り返せるフィルムを開発 2019年05月17日
  • 横国大,光学結晶中の白色レーザー発生原理を解明 2019年05月15日
  • 阪大ら,レーザーによる加熱機構を特性X線で解明 2019年05月14日
  • 市大ら,レーザーで量子渦による粒子運動を解明 2019年05月09日
  • 光響,「ラマン分光学習キット」を発売 2019年04月23日