半導体製造装置市場,2019年に縮小も2020年は過去最高に

SEMIは12月11日(日本時間),2018年末の半導体製造装置市場予測を発表した(ニュースリリース)。

それによると,2018年の半導体製造装置(新品)販売額は,前年比9.7%増の621億ドルに達し,2017年に記録された過去最高額である566億ドルを更新することが予測されるという。2019年は4.0%縮小するが,2020年は20.7%成長して719億ドルに達し過去最高額を再び更新すると見ている。

ウエハープロセス処理装置市場は,2018年は10.2%増の502億ドルに成長すると予測。また,純水装置や搬送装置などの設備装置,ウエハー製造装置,マスク/レチクル製造を含む「その他前工程装置」は0.9%増の25億ドルを見込む。2018年の組み立ておよびパッケージング装置市場は1.9%増の40億ドル,テスト装置市場は15.6%増の54億ドルといずれも成長するとしている。

2018年は,韓国が昨年に引き続き最大市場になるという。中国が初めて第2位の市場となり,台湾は第3位に下がる。台湾,北米,韓国以外の全地域が成長を見込んでいる。成長率では,中国が55.7%と最大で,これに日本の32.5%,東南アジアを主とするその他地域が23.7%,欧州の14.2%が続くと予測する。

2019年については,韓国,中国,台湾の順序でトップ3市場となることは変わらない。韓国の装置販売額は132億ドルに達し,中国は125億ドル,台湾は118億ドルと予測する。2019年にプラス成長を遂げるのは,日本,台湾,北米だけとなる見込み。成長の見通しは2020年になると明るくなり,全ての地域で成長を予測する。中でも,韓国が最も大きな成長率を示し,それに中国とその他地域が続くとしている。

地域別市場予測(単位:10億ドル)

 

2015年
(実績)

2016年
(実績)

2017年
(実績)

2018年
予測

2019年
予測

2020年
予測

韓国

7.47

7.69

17.95

17.11

13.20

18.31

中国

4.90

6.46

8.23

12.82

12.54

17.06

台湾

9.64

12.23

11.49

10.11

11.81

12.49

日本

5.49

4.63

6.49

8.60

8.89

9.47

北米

5.12

4.49

5.59

5.29

5.36

6.02

その他地域

1.97

3.55

3.20

3.96

3.82

4.35

欧州

1.94

2.18

3.67

4.19

3.96

4.22

合計

36.53

41.24

56.62

62.09

59.58

71.92

(出典:SEMI,2018年12月)

その他関連ニュース

  • 半導体前工程装置市場,2019年に減少も2020年は過去最高へ 2019年03月14日
  • 200mmファブの世界生産,2022年までに70万枚増加 2019年02月13日
  • SEMI,Q3/2018の半導体製造装置出荷額は158億ドルと発表 2018年12月05日
  • SEMI,Q3/2018のシリコンウェハ出荷面積が過去最高と発表 2018年11月08日
  • SEMI,シリコンウエハ出荷面積は2021年まで増加と発表 2018年10月17日
  • eBeam,マスク市場の伸長とEUV実現に楽観的 2018年09月18日
  • SEMI,2019年はファブ装置投資額の記録更新と発表 2018年09月18日
  • SEMI,Q2/2018の半導体製造装置出荷額は167億ドルと発表 2018年09月11日