AGCの曇りにくいガラス,ダイハツが採用

AGCの開発した曇りにくいガラス「eXeview(エグゼビュー)®」が,ダイハツ工業の限定販売車「コペンクーペ」のフロントガラスに採用された(ニュースリリース)。ドライバー視界部での搭載は世界で初めてという。

「コペン」は「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を骨格+樹脂外板構造で実現した軽自動車のオープンスポーツカー。現在3種類の意匠で販売されている。

今回発売する「コペンクーペ」は「コペンセロ」をベースに,CFRP製のハードルーフを装着した,本格クーペスタイルの限定販売車。同車には車内外に特別な装備が盛り込まれており,その一つとしてこの製品がフロントガラスに採用された。

同製品は,自動車ガラスに求められる高い耐久性能を確保した同車独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収し,フロントガラスの曇りを防止する。デフロスターの操作回数が低減し,ユーザーの利便性と実燃費の向上に貢献する。また,同社独自の樹脂膜コート材が車内の水分を吸収することで,結露による光の散乱を防ぎ,ドライバーの視界確保による走行安全性を向上するという。

その他関連ニュース

  • オハラの低膨張ガラス,人工衛星のミラー材料に採用 2019年01月30日
  • TI,ADB向けDLPチップセットを発売 2019年01月23日
  • NSCら,ケミカル研磨で曲面有機ELパネルを開発 2019年01月18日
  • リコー,欧州の自動車向けセンサーメーカーと協業 2019年01月16日
  • 日立,車載用ステレオカメラ向け技術を開発 2019年01月08日
  • 2030年,自動車向けカメラモジュール生産量は5倍に 2018年12月19日
  • 阪大,コロイド粒子の流動化が阻止される現象を発見 2018年12月10日
  • 三菱電機,自動車向け曲面ディスプレーを製品化 2018年12月04日